契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

秘密保持契約書(双方開示)

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、秘密保持契約書(双方開示)のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

秘密保持契約書

●●(以下「甲」という。)と●●(以下「乙」という。)は、当事者間で相互に開示される秘密情報の取扱いについて、次のとおり契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条(秘密情報)
1 本契約において、「秘密情報」とは、●●●(以下「本目的」という。)に関し、情報を提供又は開示する当事者(以下「開示者」という。)から情報を受領する当事者(以下「受領者」という。)に対して提供又は開示された情報であって、次の各号のいずれかに該当するものをいう。
(1) 情報が書面、電子媒体等の有体物及び電子メール(以下「有体物等」という。)により提供又は開示される場合は、開示者が当該有体物等に秘密である旨を明示し、受領者に開示したもの
(2) 情報が口頭又は有体物等以外により提供又は開示される場合には、開示者が、提供又は開示する際に秘密である旨を示し、開示後30日以内に書面又は電子メールにより、当該情報が秘密である旨を受領者に通知したもの
(3) 本目的に関する打合せ、交渉又は取引の事実、過程又は結果
2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当することを受領者が証明できる情報は、秘密情報から除くものとする。
(1) 開示者が提供又は開示した時点において既に公知となっていた、又は受領者において既に知得していたもの
(2) 開示者が提供又は開示した後、受領者の責に帰することができない事由により公知となったもの
(3) 受領者が秘密情報によることなく、単独で開発したもの
(4) 受領者が正当な権限を有する第三者から、秘密保持義務を負うことなく適法に入手したもの
(5) 開示者が秘密情報から除くことを書面により同意したもの

第2条(秘密情報の管理)
1 受領者は、秘密情報を本目的以外に利用してはならず、第三者に開示、提供又は漏洩してはならない。
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

書式内で注意すべきポイント

注1 ・・・・・

新着記事

2024年06月04日

資力喪失者が資産を譲渡した際の所得税の非課税規定

個人が不動産などを売却した際に生じる利益は所得税の課税対象となりますが、譲渡者が資産喪失者である場合、所得税の非課税規定に当てはまる可能性があります。 ...
2024年05月29日

相続登記義務化による相続手続きへの影響と注意点

令和6年(2024年)4月1日から相続登記が義務となり、期間内に登記手続きを行わない場合、罰則の対象となります。 対象となるのは施行後に発生した相...
2024年05月29日

固定資産の資本的支出と修繕費の違いと判定基準を解説

法人が固定資産の修理や改良等を行った場合、支出した費用は「資本的支出」または「修繕費」に区分されます。 資本的支出と修繕費では税務上の取扱いが異な...