税理士の先生より「税務調査における質問応答記録書へのサイン拒否」について、
税理士を守る会でご質問をいただきましたのでご紹介いたします。

質問

現在、税務調査を受けています。

質問応答記録書へのサインを求められていますが、サインを拒否する場合の理由をご教授ください。

回答

質問応答記録書へのサインを拒否したいということは、事実と異なることが記載された、ということだと推測します。

質問応答記録書については、平成25年 6 月の国税庁課税総括課作成の「質問応答記録書作成の手引」が作成されています。

「手引き」のFAQに次のような記載があります。

問15 「回答者が署名押印を拒否した場合は、どのようにすればよいのか」

(答)
読み上げ・提示の後、回答者から回答内容に誤りがないことを確認した上で、その旨を証するため、末尾に「回答者」と表記した右横のスペースに回答者の署名押印を求めることとなるが、署名押印は回答者の任意で行うべきものであり、これを強要していると受け止められないよう留意する。

つまり、任意のお願いである、ということです。

ただ、署名押印しなければ効力がないか…

さらに詳しくは「税理士を守る会(初月無料)」にて解説しています。

初月無料で税務の質問に回答(職員・スタッフからの質問も可)

おすすめの記事