倉庫寄託契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

倉庫寄託契約書

株式会社○○○○(以下「甲」という。)と株式会社○○○○(以下「乙」という。)とは、甲が乙に寄託する貨物(以下「寄託品」という。)の保管及び荷役作業に関し、次のとおり契約を締結した。

第1条(寄託) 甲は、その管理する貨物を乙に寄託し、乙は次条以下の定めるところにより業務を行うものとする。
第2条(保管場所) 乙は、寄託品を乙の倉庫(○○)に保管するものとする。
2 乙が正当な事由により寄託品の保管場所を変更する場合は、甲に通知し、甲の文書による指示を受けるものとする。
第3条(善管注意義務等) 乙は、寄託品につき善良な管理者の注意をもってこれを保管する。
2 乙は、寄託品の保管に際しては、他の保管物との混同を避けるよう適切な措置を実施し、帳簿上も明確に区別して管理し、これに関する甲の指示があった場合には、その指示に従うものとする。
第4条(保管期間) 寄託品の保管期間は、○カ月とし、受寄物を入庫した日から起算する。
2 前項の保管期間は、乙の承認を得て更新することができる。この場合において、甲は、保管期間満了の日までの保管料、荷役料、その他の費用、立替金及び延滞金を支払わなければならない。
第5条(再保管の禁止) 乙は、寄託者又は証券所持人の承諾を得ないで、他の倉庫業者に寄託物を再寄託することはできない。

書式内で注意すべきポイント

注1 倉庫営業者と寄託者との間の寄託契約を倉庫寄託契約という。倉庫営業者とは、他人のために物品を倉庫に保管することを業とする者である(商法597条)。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
注10 ・・・・・
注11 ・・・・・
注12 ・・・・・
注13 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年4月21日

法(定)内残業にも割増賃金を支払うべきか?

当社は始業9時、終業5時の1日7時間労働の会社です。 5時を超えて残業した場合には2割5分増で計算した時間外手当を支給していますが、先日同じ業界の人... 続きを読む
2017年4月19日

税務調査で棚卸資産が問題になるケースとは?

税務調査では、棚卸資産の有無が争点になりやすいという話を聞きましたが、なぜでしょうか? また、どのような場合に問題になるのでしょうか? ... 続きを読む
2017年4月12日

深夜残業後の休暇は認められるか?

電通の従業員の過労死自殺問題に関する報道をきっかけに、「勤務間インターバル」という言葉を知りました。 国も企業の積極的な導入へ向け助成金制度を導入し... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03