倉庫寄託契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

倉庫寄託契約書

株式会社○○○○(以下「甲」という。)と株式会社○○○○(以下「乙」という。)とは、甲が乙に寄託する貨物(以下「寄託品」という。)の保管及び荷役作業に関し、次のとおり契約を締結した。

第1条(寄託) 甲は、その管理する貨物を乙に寄託し、乙は次条以下の定めるところにより業務を行うものとする。
第2条(保管場所) 乙は、寄託品を乙の倉庫(○○)に保管するものとする。
2 乙が正当な事由により寄託品の保管場所を変更する場合は、甲に通知し、甲の文書による指示を受けるものとする。
第3条(善管注意義務等) 乙は、寄託品につき善良な管理者の注意をもってこれを保管する。
2 乙は、寄託品の保管に際しては、他の保管物との混同を避けるよう適切な措置を実施し、帳簿上も明確に区別して管理し、これに関する甲の指示があった場合には、その指示に従うものとする。
第4条(保管期間) 寄託品の保管期間は、○カ月とし、受寄物を入庫した日から起算する。
2 前項の保管期間は、乙の承認を得て更新することができる。この場合において、甲は、保管期間満了の日までの保管料、荷役料、その他の費用、立替金及び延滞金を支払わなければならない。
第5条(再保管の禁止) 乙は、寄託者又は証券所持人の承諾を得ないで、他の倉庫業者に寄託物を再寄託することはできない。

書式内で注意すべきポイント

注1 倉庫営業者と寄託者との間の寄託契約を倉庫寄託契約という。倉庫営業者とは、他人のために物品を倉庫に保管することを業とする者である(商法597条)。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
注10 ・・・・・
注11 ・・・・・
注12 ・・・・・
注13 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年9月21日

実在しない商品による資金循環取引不正事例

資金の循環取引による不正事例について教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 http:... 続きを読む
2017年9月20日

消費税の簡易課税制度とみなし仕入れ率とは?

消費税の「簡易課税制度」と「みなし仕入れ率」について、その内容や注意点があれば教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士... 続きを読む
2017年9月13日

会計監査の確認状で暴かれた未請求売上による不正事例

監査法人による会計監査で不正会計が発覚する場合もあるのでしょうか?  事例があれば教えて下さい。 【この記事の著者】 江黒公認会計... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金