債権譲渡契約書(動産・債権譲渡特例法を利用する場合)



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

債権譲渡契約書

○○株式会社(以下「甲」という)と、○○○○(以下「乙」という)は甲を譲渡人、乙を譲受人として、債権譲渡契約を以下の通り締結した。

第1条(譲渡) 甲は、乙に対し、下記の債権及びこれに付随する遅延損害金等の一切の債権(以下、「本件債権」という)を代金○○円と定めて譲渡し、乙はこれを譲り受けた。

1 ①債務者    ○○○○(以下、「丙」という)
②債権発生日  平成○年○月○日
③債権発生原因 金銭消費貸借契約の貸金として
④債権額    金○○円
⑤弁済期限   平成○年○月○日
2 ①債務者    ○○○○(以下、「丁」という)
②債権発生日  平成○年○月○日
③債権発生原因 金銭消費貸借契約の貸金として
④債権額    金○○円
⑤弁済期限   平成○年○月○日
第2条(代金の支払方法) 乙は甲に対し、平成○年○月末日限り、前条の代金を下記甲指定の銀行口座に振り込む方法により支払う。ただし、振込手数料は乙の負担とする。

○○銀行○○支店 普通預金口座○○○○
○○○○(○○○○)
第3条(対抗要件の具備) 甲は、本件債権譲渡の対抗要件具備につき、動産・債権譲渡特例法(以下「本法」という)による債権譲渡の登記をすることとし、本法による債権譲渡登記をする場合、その手続につき、甲は乙に協力する。
第4条(保証) 甲は乙に対し、本件債権を他の第三者に譲渡していないことを保証し、その証として本法第11条に定める登記事項証明書を交付した。

書式内で注意すべきポイント

注1 債権譲渡とは、債権の同一性を維持したままで、その債権を第三者に譲渡することをいう。自己の債務の弁済のためや取立を依頼するため等の場合に債権譲渡を行うが、本契約書は債権者が自己の債権を売買した場合(債権の売買の場合)の契約書である。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
注10 ・・・・・
注11 ・・・・・
注12 ・・・・・
注13 ・・・・・
注14 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年4月28日

新卒社員に裁量労働制は適用できるか?

当社は、本社の経営企画部門等において企画業務型裁量労働制を導入しています。 今年の4月に入社した新卒社員の研修がそろそろ終了し、本配属をしなければな... 続きを読む
2017年4月26日

税務調査で棚卸資産の消費税の取り扱いが問題になるケースとは?

税務調査で棚卸資産に関する消費税の計算方法や控除が問題になるケースはあるのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士法人桜頼パ... 続きを読む
2017年4月21日

法定内残業にも割増賃金を支払うべきか?

当社は始業9時、終業5時の1日7時間労働の会社です。 5時を超えて残業した場合には2割5分増で計算した時間外手当を支給していますが、先日同じ業界の人... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03