商品の欠陥を理由とする契約解除




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、商品の欠陥を理由とする契約解除のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴社に対し、以下の通り○○の売買契約の解除を通知致します。
私は、平成○年○月○日、貴社から○○(○○(※商品名)、以下「本件商品」といいます。)を○○円で購入し(以下「本件売買契約」といいます。)、代金全額を支払いました。
しかし、本件商品には、○○(※欠陥の内容)という重大な欠陥があることが判明致しました。
 これでは本件商品を購入した目的を達成することができません。
 つきましては、民法第570条に基づき、本件売買契約を解除しますので、本件商品の引き取りを請求します。引き取りの際には、その日時、方法を通知人に対し予め書面にてご連絡下さい。
 また、貴社に対し、本件商品の代金として支払った○○円の返還を請求しますので、本通知書到達日から1週間以内に下記口座にお振込み下さい。
 万が一、期限内にお振込み頂けないときには、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。
(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○株式会社
代表取締役○○○○ 殿


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、売買の目的物に欠陥があったため、契約を解除する際の文例である。
注2 契約締結日、目的物等を記載することにより、契約内容をできる限り特定する。
注3 何度も用いる用語には略語を設定する。
注4 欠陥の内容はできる限り具体的に記載する。例文とは異なり、次のように記載してもよい。
   例)「しかし、購入後上記商品を使用したところ、後記の通り欠陥があることが判明しました。

(※欠陥の具体的内容)」
注5 既に代金を支払っている場合には、代金の返還も要求する。
注6 代金の返還方法を振込みにした場合には、振込口座を忘れずに記載する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2019年3月12日

36協定の起算日と給与計算期間がずれていた場合の問題点とは?

2019年4月より、36協定の書式が変更されることに伴い、現状締結している協定を改めて確認したところ、1か月の起算日が「毎月1日」(1日~末日まで1か月)... 続きを読む
2019年3月12日

中途入社社員の残業単価の計算方法とは?

当社の給与支給日は、月末締め翌月25日払いです。 先日、月の途中に入社した社員から「残業代の計算が違うのではないか。残業単価も日割計算されていると思う」... 続きを読む
2019年2月7日

社員の給与の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「給与の前借りをお願いできませんか?」と相談がありました。 当社の給与は、末締め翌月25日に支給しています。 前借りを... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03