欠陥工事の補修請求




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、欠陥工事の補修請求のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴社と平成○年○月○日付で請負契約を締結し、下記建物の建築工事を注文し、貴社より平成○年○月○日に完成した建物(以下「本件建物」といいます。)の引渡しを受けました。
 しかし、私が本件建物を検査したところ、○○(※欠陥の内容)が判明しました。
 つきましては、早急に上記欠陥の修補工事をして下さるようお願い致します。
 なお、請負残代金○○万円の支払いは、修補工事が完了した後とさせて頂きますのでご了承ください。

建築工事の表示
建物所在:東京都○○区○○町○丁目○番
建物名称:○○ビル
以上

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○株式会社
代表取締役○○○○ 殿
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○○○      ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、建物の建築工事を注文したが、完成した建物に欠陥があったため、修補工事の請求をする際の文例である。
注2 工事完成後、目的物に欠陥があった場合、注文者は請負人に修補を請求することができる(民法634条)。
   この修補請求権には行使期限が定められているが、建物の場合は行使期限が長く設定されており、原則として石造・土造・れんが造・金属造。コンクリート造の場合には引渡時から10年、それ以外は5年以内とされている(同法638条1項)。また、平成12年4月1日以降の契約に基づく新築住宅の基本構造部分の瑕疵の場合は、引渡しから10年間請求することができる(住宅の品質確保の促進に関する法律94条1項)。
注3 工事の内容を特定する。工事の特定に必要な事項を末尾に記載することで、本文が簡潔になる。
注4 何度も用いる用語には略語を設定する。
注5 ・・・・・        
注6 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2019年3月12日

36協定の起算日と給与計算期間がずれていた場合の問題点とは?

2019年4月より、36協定の書式が変更されることに伴い、現状締結している協定を改めて確認したところ、1か月の起算日が「毎月1日」(1日~末日まで1か月)... 続きを読む
2019年3月12日

中途入社社員の残業単価の計算方法とは?

当社の給与支給日は、月末締め翌月25日払いです。 先日、月の途中に入社した社員から「残業代の計算が違うのではないか。残業単価も日割計算されていると思う」... 続きを読む
2019年2月7日

社員の給与の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「給与の前借りをお願いできませんか?」と相談がありました。 当社の給与は、末締め翌月25日に支給しています。 前借りを... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03