契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

 

残業代請求

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、残業代請求のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴社従業員として令和○年○月○日まで勤務しておりましたが、貴社から令和○年○月○日から令和○年○月○日までの間の時間外労働(以下「本件時間外労働」といいます。)に対する手当てを一切頂いておりません。
つきましては、本件時間外労働は下記の通りとなりますので、本件時間外労働に対する残業代金○○万円を本書面到達日から1週間以内に下記振込口座にお振り込み下さるよう請求致します。

 1 法定内時間外労働(深夜以外)に対する残業手当
   時間単価○○円×○○時間=○○円
 2 法定内時間外労働(深夜)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.25×○○時間=○○円
 3 法定外時間外労働(深夜以外)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.25×○○時間=○○円
 4 法定外時間外労働(深夜)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.5×○○時間=○○円
 5 休日労働(深夜以外)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.35×○○時間=○○円
 6 休日労働(深夜)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.6×○○時間=○○円
 7 合計           ○○円
以上
(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、従業員が会社に対し、未払いの残業代を請求する際の文例である。
注2 会社が従業員を所定労働時間を超えて業務に従事させた場合には、残業代を支払う必要がある。
   そして、原則として1日実働8時間又は1週40時間を超える時間の労働は時間外労働となり、割増賃金を支払う必要がある。また、1日実働7時間の会社において、8時間労働した場合は、1日8時間以内であるので、賃金は割増されないが、法定内残業として1時間分の残業手当を支払う必要がある。
   なお、残業の割増率は、普通残業(時間外)が25%、深夜残業(時間外)が50%、休日(法定休日)労働が35%、休日(法定休日)深夜残業が60%となっている。
注3 何度の用いる用語には略語を設定する。
注4 残業代を求める期間を特定する。
注5 支払期限を忘れずに記載する。
注6 時間外労働の内訳を記載する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説

新着記事

2022年06月22日

個人事業主が税制面で不利益を受けている根拠と対処法

個人事業主は、サラリーマン(給与所得者)や会社経営者と比べ、税制面で不利なことが多く、収入が同じでも手元に残るお金が少なくなりやすいです。 本記事...
2022年06月15日

法人税・消費税の税務調査を受けやすい業種・ケースを解説

法人の数は、国税庁の令和元年度分の調査によると約275万件も存在しているため、すべての法人が毎年調査を受けることはありません。 しかし会社を経営し...
2022年05月17日

医療法人の種類と相続税における取扱いおよび評価上の注意点

医療法人は一般法人とは異なるカテゴリーに属する法人のため、出資額に対する相続税の評価方法は株式とは違いますし、医療法人の種類によって相続税の課税対象の有...