残業代請求




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、残業代請求のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴社従業員として平成○年○月○日まで勤務しておりましたが、貴社から平成○年○月○日から平成○年○月○日までの間の時間外労働(以下「本件時間外労働」といいます。)に対する手当てを一切頂いておりません。
つきましては、本件時間外労働は下記の通りとなりますので、本件時間外労働に対する残業代金○○万円を本書面到達日から1週間以内に下記振込口座にお振り込み下さるよう請求致します。

 1 法定内時間外労働(深夜以外)に対する残業手当
   時間単価○○円×○○時間=○○円
 2 法定内時間外労働(深夜)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.25×○○時間=○○円
 3 法定外時間外労働(深夜以外)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.25×○○時間=○○円
 4 法定外時間外労働(深夜)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.5×○○時間=○○円
 5 休日労働(深夜以外)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.35×○○時間=○○円
 6 休日労働(深夜)に対する残業手当
   時間単価○○円×1.6×○○時間=○○円
 7 合計           ○○円
以上
(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、従業員が会社に対し、未払いの残業代を請求する際の文例である。
注2 会社が従業員を所定労働時間を超えて業務に従事させた場合には、残業代を支払う必要がある。
   そして、原則として1日実働8時間又は1週40時間を超える時間の労働は時間外労働となり、割増賃金を支払う必要がある。また、1日実働7時間の会社において、8時間労働した場合は、1日8時間以内であるので、賃金は割増されないが、法定内残業として1時間分の残業手当を支払う必要がある。
   なお、残業の割増率は、普通残業(時間外)が25%、深夜残業(時間外)が50%、休日(法定休日)労働が35%、休日(法定休日)深夜残業が60%となっている。
注3 何度の用いる用語には略語を設定する。
注4 残業代を求める期間を特定する。
注5 支払期限を忘れずに記載する。
注6 時間外労働の内訳を記載する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年6月29日

経営者が知っておくべき借入金のレバレッジ効果とそのリスクとは?

ビジネスにおいて「レバレッジ効果」がいわれることがありますが、その効果とはどのようなものでしょうか? また、どのようなリスクがあるのでしょうか? 具体的に... 続きを読む
2018年6月21日

固定資産税の特例措置に代わる新制度について

平成30年度の税制改正で、固定資産税の特例措置に代わる制度についての改正があるようですが、その具体的な内容を教えてください。 【この記事の監... 続きを読む
2018年6月19日

労働条件通知書に明示すべき事項とは?

先日、当社に入社する予定の社員に対し「労働条件通知書」を交付しました。 その後、本人から「残業に関する項目がありませんけど……」と質問を受けました。... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03