債務免除証書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、債務免除証書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

残債務免除証書

私は、私と○○○○(以下「貴殿」といいます。)の間の下記金銭消費貸借契約に基づき貴殿が私に対して負担する債務残額○○円につき、本日をもってこれを免除いたします。

契約日  平成○○年○○月○○日
金額  金○○円
弁済期限  平成○○年○○月○○日
利息  年○○パーセント
利息支払方法  ○○の自宅に持参して支払う
遅延損害金  年○○パーセント

平成○年○月○日

住所

氏名                   ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 免除は、債権を無償で消滅させる債権者の行為である(民法519条)。
注2 免除は、債権の放棄であるから、債務者の意思に関係なく、債権者の意思だけですることができる。すなわち、免除は債権者の単独行為である。
注3 免除の意思表示は、とくに書面によってすることを要しないが、後日の紛争防止のため、書面を作成しておいたほうがよい。
注4 免除は、契約によってもすることができるが、免除である以上、無償であることを要する。
注5 免除には、条件・期限を付けることができる。例えば、債務を一切弁済していない債務者については、○○円を弁済したら残額は免除とする、というような免除も可能である。
注6 免除によって債権は消滅する。債権の一部を免除することもできる。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2019年3月12日

36協定の起算日と給与計算期間がずれていた場合の問題点とは?

2019年4月より、36協定の書式が変更されることに伴い、現状締結している協定を改めて確認したところ、1か月の起算日が「毎月1日」(1日~末日まで1か月)... 続きを読む
2019年3月12日

中途入社社員の残業単価の計算方法とは?

当社の給与支給日は、月末締め翌月25日払いです。 先日、月の途中に入社した社員から「残業代の計算が違うのではないか。残業単価も日割計算されていると思う」... 続きを読む
2019年2月7日

社員の給与の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「給与の前借りをお願いできませんか?」と相談がありました。 当社の給与は、末締め翌月25日に支給しています。 前借りを... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03