建物使用貸借契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

建物使用貸借契約書
貸主○○○○(以下「甲」という。)と借主○○○○(以下「乙」という。)とは、以下のとおり使用貸借契約を締結する。

第1条(基本合意)
甲は乙に対し、甲所有の後記物件目録記載の建物(以下「本件建物」という。)を本契約による約定に基づき、無償で使用させることを約してその引渡しをした。
第2条(使用目的)
乙は本件建物を○○としてのみ使用するものとし、それ以外の用途に使用してはならないものとする。
第3条(期間)
本契約の期間は、平成○年○月○日から平成○年○月○日までの2年間とする。ただし、右期間満了前でも甲に本件建物を使用する必要が生じたときは、甲は乙に対し、2ヶ月前に予告することによって、本契約を解約することができる。
第4条(公租公課の負担)
本件建物に対する公租公課は乙の負担とする。
第5条(水道光熱費)
乙は、電気、ガス、水道料金等本件建物の使用に必要な費用を負担し、それぞれの供給会社へ直接支払う。
第6条(修繕費用の負担)
乙は、本件建物の維持保全に必要な修繕、建具、照明器具、壁紙等日常の使用によって消耗する箇所の滅失又は毀損に対する修繕を自らの費用負担で行う。

書式内で注意すべきポイント

※1 使用貸借契約は目的物を無償で貸与する契約ですから、そのことがはっきりとわかるように記載します。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・
※6 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2017年12月8日

なぜ経費に計上した修繕費は税務調査で争点になりやすいのか?

会社の修繕費が税務調査で問題になるケースがあると聞きました。 どのような場合に問題になるのでしょうか? また、注意ポイントがあれば教えてくださ... 続きを読む
2017年12月6日

退職願を提出しない社員への対処法とは?

ある社員が、今月末で退職したいと言ってきました。 理由はともかく、退職の意思が固いのであれば、会社の就業規則に従い退職願を提出するように指導... 続きを読む
2017年11月29日

支払いスケジュールを無視した不適切な売上取引事例

複数の支払いスケジュールがあるにもかかわらず、契約時に売上計上処理をするといった不正な前倒し売上の事例があれば教えてください。 【この記事の... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金