建物一時貸借契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

建物一時使用貸借契約書
貸主○○○○(以下「甲」という。)と借主○○○○(以下「乙」という。)とは、以下のとおり使用貸借契約を締結する。

第1条(基本合意)
甲は乙に対し、甲所有の後記物件目録記載の建物(以下「本件建物」という。)を本契約による約定に基づき、無償で使用させることを約してその引渡しをした。
第2条(目的)
乙は、本件建物を、乙の自宅改築工事期間の仮住まいとしてのみ使用するものとし、それ以外の用途に使用してはならないものとする。
第3条(期間)
本契約の期間は、平成○年○月○日から平成○年○月○日までとする。ただし、乙の自宅工事の遅延その他やむを得ない事情がある場合、甲および乙は書面による合意の上で契約期間を延長することができる。
第4条(公租公課の負担)
本件建物に対する公租公課は乙の負担とする。
第5条(譲渡・転貸の禁止)
乙は、事前の甲の書面による承諾なしに、下記の行為をしてはならない。
① 本件建物にかかる使用借権を譲渡すること
② 形態の如何を問わず本件建物を転貸すること
③ 本契約に基づく権利の一部又は全部を第三者に譲渡し、又は担保の用に供すること
④ 本件建物を使用目的に反して使用すること
第6条(契約解除)
乙が本契約に違反した場合、甲は催告なくして直ちに本契約を解除し、乙に対して本件建物の明渡しを求めることができる。

書式内で注意すべきポイント

※1 使用貸借契約は目的物を無償で貸与する契約であるため、そのことが明確になるように記載する。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2017年11月24日

税務調査で争点になる分掌変更と役員退職金の経費計上について

分掌変更に伴う役員退職金は法人の経費として認められるのでしょうか? また、経費に計上できる条件や税務調査で争点になるポイントなども教えてください... 続きを読む
2017年11月22日

高額報酬者に残業代の支払いは必要か?

複数の病院やクリニックを運営している法人です。 人材確保という目的もあり、医師等一部の職員には相応の報酬を支払っています。 そのため、残業... 続きを読む
2017年11月15日

高額特定資産を取得した場合の特例制度について

消費税の課税事業者が高額特定資産を取得した場合の特例制度について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金