商号及び営業譲渡契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

商号及び営業譲渡契約書

○○○○(以下「甲」という)と○○○○(以下「乙」という)は、商号及び営業譲渡に関し、以下の契約を締結した。

第1条(商号及び営業譲渡) 甲は、次の営業及び商号を代金○○万円をもって乙に譲渡し、乙はこれを譲り受けた。
一 甲が東京都○○区○○町○丁目○番○号にある店舗(以下「本件店舗」という)において経営する書籍販売業
二 甲が○○法務局に登記した右営業に使用する商号「○○」
第2条(譲渡財産) 前条の営業譲渡は、本件店舗に現存する商品、営業用動産、○局電話番号○番の電話加入権、本件店舗の畳建具等造作全部、得意先及び仕入先に対する権利その他営業上の権利一切並びに本件店舗の賃借権を包含する。
2 甲は、前項賃借権譲渡については、既に賃貸人の承諾を得たことを保証する。
第3条(引渡期日) 甲は、乙に対し、平成○年○月○日限り、本件店舗を明け渡すとともに、前条の物件全部並びに営業用帳簿及び書類を引き渡し、かつ、営業承継の諸手続きを完了しなければならない。
2 甲は、乙に対し、平成○年○月○日までに第1条の商号の譲渡登記及び乙は甲の営業によって生じた債務については責任を負わない旨の登記申請並びに第2条の電話加入権の名義変更の各手続をしなければならない。

書式内で注意すべきポイント

注1 営業譲渡の意義については諸説あるが、多数説は、単に物又は権利のみならず、いわゆる老舗、のれん等の事実関係を含む組織的機能的一体としての事業財産を1個の債権契約によって移転することをいうものであるとしている。
営業譲渡の法律上の性質は、売買に類する混合契約となる。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
注10 ・・・・・
注11 ・・・・・
注12 ・・・・・
注13 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年8月18日

内部監査のスケジュールを利用した不正会計の事例

内部監査のスケジュールや問題点を利用した不正会計、また社内の管理体制や人事制度上の不備に付け込んだ不正会計の事例があれば教えてください。 ... 続きを読む
2017年8月11日

税務調査の結果は税理士の力量でまったく違ってくる!?

当社では顧問弁護士の変更を検討しています。 税務調査の結果は税理士の力量次第で決まるという話を聞きますが、実際どの程度関わってくるものなのでしょ... 続きを読む
2017年8月9日

兼業を認める場合の注意点とは?

当社の就業規則において、これまで兼業は禁止としていましたが、最近は兼業を認める会社が増えていると聞きました。 そこで、当社も一定の条件を... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)