商標権侵害に基づく警告書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、商標権侵害に基づく警告書の雛形です


関連記事
中小企業が商標権を取得するメリットとは?
知的財産の種類・特徴・注意点とは?

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
当社は、貴社に対し、以下の通り通知致します。
貴社は、平成○年○月頃から「○○」と称する商品(以下「本件商品」といいます。)
の販売を開始されましたが、当社は後掲の商標権を有しており、当社の登録商標「○○」と貴社が販売する本件商品は呼称において類似すると考えられ、かつ、本件商品は後掲の商標権の指定商品に該当するため、本件商標権を侵害しています。
つきましては、貴社におかれまして直ちに本件商品の販売を中止されますよう請求致します。
本件商品の販売の中止が直ちになされなかったときには、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。
(商標権の表示)
 商標登録番号第○○○○○○号
 商標名    ○○
 指定商品  第○○類「○○○○」

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○株式会社
代表取締役○○○○ 殿
平成○年○月○日


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、商標権を侵害している者に対して、商品の販売中止を要求する際の文例である。
注2 商標権を登録番号等で特定する。
注3 指定商品に該当することも明記する。
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03