定期用船契約の期間延長に関する協定書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、定期用船契約の期間延長に関する協定書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

定期用船契約の期間延長に関する協定書
甲海運株式会社(以下甲という。)と船主乙某(以下乙という。)との間に平成〇年〇月〇日付で締結した乙所有の〇〇丸の定期用船契約について、次の通り協定する。
1 有効期間を平成〇年〇月〇日より平成〇年〇月〇日まで一か月間延長協定する。

平成○年○月○日
甲住所
氏名              ○印
乙住所
氏名              ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2019年4月9日

年次有給休暇管理簿に記載すべき事項とは?

年5日の有給取得義務化に関連して、有給の管理簿も作成しなければならないと聞きました。 当社では、有給の取得や残日数がわかる簡単な管理表は作成していました... 続きを読む
2019年4月9日

年次有給休暇5日分を買い取れば会社は取得義務を果たすことになるのか?

当社の営業社員の多くは歩合給制です。 年5日の有給取得が義務化されましたが、当社の歩合給制度では有給を取得すると、取得しない場合よりも給与が低くなる... 続きを読む
2019年3月28日

賃貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール お金を払って物を借りることを賃貸借といいます。 貸す人から見れば、お金をもらって物を貸すことです。 借りる人を賃借人、貸す人を賃貸人といいます... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03