根抵当権確定合意書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、根抵当権確定合意書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

根抵当権確定合意書

根抵当権者   (以下「甲」という。)と根抵当権設定者   (以下「乙」という。)は、根抵当権の確定につき、下記のとおり合意する。
(確定)
第1条 甲と乙は、平成 年 月 日付根抵当権設定契約に基づき後記物権に設定した根抵当権(平成○年○月○日  法務局  出張所受付第  号登記)の担保すべき元本を本日確定させることに合意した。
(登記)
第2条 甲と乙は、直ちに前条の元本確定の登記手続を行うものとする。

平成○年○月○日

住 所


住 所

(物件の表示)
所在  
地番  番
地目  
地積  ㎡  


書式内で注意すべきポイント

注1 根抵当権とは一定の範囲に属する不特定の債権を将来の一定の期日において、一定限度まで担保するものである。根抵当権によって実際に担保される債権が定まることを確定という。
注2 根抵当権者と根抵当権設定者の合意で、根抵当権が確定すべき期日を定めることができる(民法398条の6第1項)。確定前であればいつでもでき、第三者の承諾は不要である。
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年8月23日

働き方改革関連法案が定める「勤務間インターバル」の内容とは?

平成30年6月29日に成立した「働き方改革関連法案」には、「勤務間インターバル」に関するものもあるということですが、具体的にはどのような内容になってい... 続きを読む
2018年8月22日

働き方改革関連法案で義務化される「労働時間の把握」に関する注意点とは?

最近「働き方改革関連法案」が成立したようですが、社員の労働時間を客観的に把握するよう企業に義務付けることになったと知りました。 しかし、もともと出勤... 続きを読む
2018年7月26日

働き方改革法案で義務化される年次有給休暇5日以上の取得に関する注意点とは?

従業員100人ほどのIT企業経営者です。 働き方改革法案の成立に伴い、今後は有給休暇を年5日以上必ず取得させる必要があるそうですが、入社間もない... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03