根抵当権確定合意書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、根抵当権確定合意書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

根抵当権確定合意書

根抵当権者   (以下「甲」という。)と根抵当権設定者   (以下「乙」という。)は、根抵当権の確定につき、下記のとおり合意する。
(確定)
第1条 甲と乙は、平成 年 月 日付根抵当権設定契約に基づき後記物権に設定した根抵当権(平成○年○月○日  法務局  出張所受付第  号登記)の担保すべき元本を本日確定させることに合意した。
(登記)
第2条 甲と乙は、直ちに前条の元本確定の登記手続を行うものとする。

平成○年○月○日

住 所


住 所

(物件の表示)
所在  
地番  番
地目  
地積  ㎡  


書式内で注意すべきポイント

注1 根抵当権とは一定の範囲に属する不特定の債権を将来の一定の期日において、一定限度まで担保するものである。根抵当権によって実際に担保される債権が定まることを確定という。
注2 根抵当権者と根抵当権設定者の合意で、根抵当権が確定すべき期日を定めることができる(民法398条の6第1項)。確定前であればいつでもでき、第三者の承諾は不要である。
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月26日

相殺禁止に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「相殺」とは、2人が互いに同種の目的をもつ債権を有する場合に、実際にお金の受け渡しをすることなく同じ額だけ債権を消滅させることをいいます。 相殺... 続きを読む
2019年6月25日

債務引受に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「債務引受」とは、債務者が負っている債務を別の人(引受人)が負担することをいい、免責的債務引受と併存的(重畳的)債務引受の2つがあります。 免責... 続きを読む
2019年6月25日

連帯債務に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「連帯債務」とは、複数の債務者(連帯債務者)が同じ内容の債務を負担し、ひとりひとりが全責任を負うことをいいます。 全責任を負うというのは、お金を... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03