根抵当権確定合意書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

根抵当権確定合意書

根抵当権者   (以下「甲」という。)と根抵当権設定者   (以下「乙」という。)は、根抵当権の確定につき、下記のとおり合意する。
(確定)
第1条 甲と乙は、平成 年 月 日付根抵当権設定契約に基づき後記物権に設定した根抵当権(平成○年○月○日  法務局  出張所受付第  号登記)の担保すべき元本を本日確定させることに合意した。
(登記)
第2条 甲と乙は、直ちに前条の元本確定の登記手続を行うものとする。

平成○年○月○日

住 所


住 所

書式内で注意すべきポイント

注1 根抵当権とは一定の範囲に属する不特定の債権を将来の一定の期日において、一定限度まで担保するものである。根抵当権によって実際に担保される債権が定まることを確定という。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年2月21日

仮想通貨の仕組みや所得課税、税務調査について

ビットコインなど仮想通貨が話題になっていますが、その仕組みや課税のシステムなどについて教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 ... 続きを読む
2018年2月16日

子会社で起きた資金流出に関する不正会計事例

子会社や関連会社で起きた不正会計事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 ... 続きを読む
2018年2月9日

働き方改革における高度プロフェッショナル制度の問題点とは?

「働き方改革」の中に「高度プロフェッショナル制度」がありますが、具体的にはどういった内容なのでしょうか? また問題点があれば教えてください。 ... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03