売掛金を分散させる不正会計とは?



前回、売掛金が膨らんでいく不正がありましたが、売掛金が異常に増加すると周囲から「あやしい」と気づかれないものでしょうか? それを偽装する不正な手口もあるのでしょうか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/


そのため、売掛金を分散させる不正が行われることも多いのです。

前回、「架空売上」に伴う「長期滞留売掛金」の事例を紹介しました。
会計上、架空売上が行われてもこれは架空の売上なので、このままでは、いつまでたっても売掛金は減らず、増えていくばかりです。
となると、さすがに銀行や監査法人から「この売掛金はおかしい」といわれることがあります。

そこで、偽の契約書や請求書などでもっともな理由を作り不正を隠そうとしますが、それ以外にも下記のような手口があります。

1.売掛金を小口に分散して、「大口の相手先ではない」「少額だから問題ない」と思わせる。
2.監査法人が確認状を発送した場合、その確認状を偽装する。
3.売掛金から貸付金に振り替えて当面の期間取り繕う。
 

以下に解説します。

1.売掛金を小口に分散する不正会計
監査法人の監査では、取引が大きな相手先をサンプルで確認します。
そのため、売掛金が滞留してきたら、会社は大きな売掛金を小口に分散して、監査法人の目をごまかそうとすることがあります。


【不正前】
H27/3
売掛金A 10,000
売掛金B 8,000
売掛金C 5,000
売掛金合計 23,000
 
  ↓

【不正後】
H27/3
売掛金A 4,500
売掛金B 4,000
売掛金C 4,000
売掛金D 3,000
売掛金E 3,000
売掛金F 2,000
売掛金G 1,500
売掛金H 1,000
売掛金合計 23,000


2.監査法人の確認状を偽装する
監査法人は、

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03