契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

法律相談Q&Aの記事一覧

2021年09月10日

身だしなみはどこまで求めることができるのか

テーマパークの運営会社が従業員の身だしなみに関する規定を変更し、髪の色などのルールを統一したことが先日ニュースとなりましたが、会社が規定する身だ...
2021年09月10日

テレワーク勤務者に禁煙を求めることができるのか

ある大手企業が就業時間中は全面禁煙とし、在宅勤務中の社員も対象とするという記事を読みました。 本社や支店等で勤務している場合はともかく、在...
2021年09月10日

民事信託の基礎知識。制度の特徴と活用すべきケースを解説

高齢化社会の日本では、認知症により自己の財産を管理できなくなるケースが増えており、その対策として注目されているのが民事信託です。 民事信託は財産管...
2021年09月09日

時価と税務評価額の違い。適正株価を計算しなければいけない理由

相続財産は時価評価が原則ですが、非上場株式は取引相場がありませんので、税務評価額を相続税評価額とします。 税務評価額は納税者が算出しなければならず...
2021年09月09日

税金対策は専門家に。金融機関から提案される節税手段が危ない理由

銀行や証券会社など、金融機関から提案される節税策には有効的なものもある一方、損失が発生した際は自己責任となります。 講じた節税策に不備があれば、税務署...
2021年09月09日

税務調査で節税策が否認されるケースと指摘されないための対策

節税策を講じても税務調査で否認されれば、追徴課税を支払うことになります。 しかし要点を押さえて適切に行えば、税務調査を受けたとしても節税策が否認さ...
2021年09月09日

事業承継のために株価を合法的に引き下げる方法

後継者に相続または贈与により自社株を渡す場合、株価が納税額に直結します。 株価が高ければ納税額は増加しますが、未公開株式は合法的に株式の評価額を下げる...
2021年09月09日

節税策の先取りは将来の税務リスクとなる可能性があるので要注意

節税策はいくつも存在しますが、会社の規模や経営状況によって最適な対策方法は異なります。 1度しか使えない節税方法を先取りしてしまうと、今期は節税できて...
2021年08月17日

会社経営者が相続時に直面する問題点と生前にやるべき対策

会社経営者の場合、一般的に行われている相続対策だけでは不十分です。 後継者への事業引き継ぎはもちろんのこと、相続財産の渡し方や相続税対策を講じないと相...
2021年08月16日

接待交際費に該当しない飲食費の範囲と金額基準を解説

接待交際費は原則損金不算入であり、法人の規模に応じて例外的に一定金額は損金としての計上が認められています。 一方、接待等の飲食費については、条件を満た...