棚卸資産(在庫)と資金繰り悪化の仕組みとは?



棚卸資産(在庫)が膨らむことで、結局は資金繰りが厳しくなり不正会計をする会社があるようですが、具体的には、どのような仕組みなのでしょうか?

【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史
http://www.eguro-cpa.com/

ビジネスでは先に物を仕入れて、仕入を決済します。
そして、販売があって入金があるため、在庫が増えて販売ができなければ企業の資金が回らなくなってしまいます。
そのため、不正会計に手を染める会社があるのです。

ビジネスでは、資金が続くことが大事です。
ただ、商売は物がなければ始まりません。
先に物を仕入れて決済するため、資金が先に出ていってしまいます。
そして、売上があって入金があります。
このような企業の正常な運転に用いる資金を運転資本ということもあります。

今回は不正会計の解説ではないですが、実際に上場企業であった在庫が膨らむ事例をみていきましょう。

下の表は、ある会社の「簡易貸借対照表」の流動資産部分をピックアップしたものです。

                 (単位:百万円)
               07/03   08/03   
流動資産
 現金及び預金        60,189      45,298
 受取手形及び売掛金     2,609      2,333
 不動産事業有価証券     6,473      3,852
 たな卸資産         293,001    437,778
 共同事業出資金         18,936        37,358
 繰延税金資産                   3,793           4,554
 その他                12,758           25,126
  流動資産合計              397,761      556,301

在庫である棚卸資産が増加しているのがよくわかります。
受取手形、及び売掛金は少し減っていますが、現預金はかなり減少しています。


では次に、この会社の「損益計算書」を見てみましょう。
損益計算書は3期並べてみます。

                         (単位:百万円)
06/03 07/03 08/03
売上高 64,349 180,543 243,685
経常利益 10,677 56,398 61,677
売上高経常利益率 16.6% 31.2% 25.3%
当期純利益 7,868 30,039 31,127
売上高登記純利益率 12.2% 16.6% 12.8%



こうして見ると、増収増益で好調のように見えます。
しかし、

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03