会社分割契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

会社分割契約書

株式会社○○○○(以下「甲」という。)と株式会社○○○○(以下「乙」という。)は、甲がその事業に関して有する権利義務の一部を乙に承継させる吸収分割(以下「本分割」という。)に関し、次のとおり契約(以下「本契約」という。)を締結した。

第1条(目的) 甲は、その経営する事業のうち、○○にかかわる事業(以下「本事業」という。)に関して有する権利義務の一部を乙に承継させ、乙はこれを承継する。
第2条(定義) 本事業とは、・・・をいう。
第3条(商号及び住所) 本分割を行う甲及び乙の商号及び住所は、以下の通りである。
甲(分割会社):○○株式会社
東京都○○区○○町○丁目○番○号
乙(承継会社):○○株式会社
東京都○○区○○町○丁目○番○号
第4条(定款の変更) 甲は合併により次の通り定款を変更する。
定款第○条を、「第○条 当社が発行する株式の総数は○万株とする。」と改める。
第5条(本分割に際して乙が交付する株式の数) 乙は、分割に際して普通株式○○株を発行し、そのすべてを甲に割当て交付する。

書式内で注意すべきポイント

注1 会社分割とは、会社がその事業の全部又は一部を分割して、これを他の会社に承継させる制度である。
会社分割には、分割する会社の事業が、分割に際し新たに設立される会社に承継される新設分割と既存の会社に承継される吸収分割とがある。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
注10 ・・・・・
注11 ・・・・・
注12 ・・・・・
注13 ・・・・・
注14 ・・・・・
注15・・・・・
注16 ・・・・・
注17 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年5月24日

税務調査で役員退職金が否認されないためのポイントとは?

税務調査で役員退職金を否認されないようにするためには、どのような点を注意すればいいのでしょうか? 【この記事の監修者】税理士... 続きを読む
2017年5月17日

税務調査で役員退職金が問題となる場合とは?

役員退職金が税務調査で問題になることがあると聞きました。 役員退職金の金額を決める際の注意点があれば教えてください。 【こ... 続きを読む
2017年5月12日

在宅勤務制度を導入する際の注意点とは?

当社では時代の流れでもあり、在宅勤務制度を導入することを検討しています。 しかし、何を具体的に定めれば足りるのかがよくわかりません。 スムーズに導... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03