書面決議による株主総会議事録




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、書面決議による株主総会議事録のひな形です。

▶書面決議による取締役会議事録のひな形はこちらです。

書式の一部抜粋(本文)

書面決議による株主総会議事録

1 提案者 ○○○○株式会社 代表取締役 ○○ ○○
2 株主総会の決議があったとみなされた事項の内容
取締役○名選任の件
当会社の取締役として下記の者3名を平成○年○月○日付で選任する。
○○○○、○○○○、及び○○○○
3 株主総会の決議があったものとみなされる日
平成○年○月○日

以上のとおり、会社法第319条第1項の規定により株主総会の決議があったものとみなされたので、株主全員の同意があったことを確認するためこの議事録を作成し、議事録作成者取締役○○○○が次に記名押印する。

平成○年○月○日

○○○○株式会社
取締役 ○○ ○○

書式内で注意すべきポイント

注1 株主総会の現実の開催を省略し、書面によるやり取りにより、株主総会の決議がなされたものとみなされる場合の議事録である。
注2 「報告事項」や「決議事項」の具体的な記載内容については、現実に開催される株主総会の場合と異なるところはない。
注3 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説


 



 



新着記事

2020年9月28日

結婚・子育て資金の非課税制度の対象となる費用の範囲

『結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度』は、子や孫に対しての贈与が最大1,000万円まで非課税になる制度です。 子育て資金は1,... 続きを読む
2020年9月28日

教育資金の非課税制度の概要と適用する際の注意点

扶養家族の教育費をその都度支払う際には贈与税を課されることはないですが、教育資金等としてまとまった金額を支援する場合は、贈与税の課税対象となります。 『教... 続きを読む
2020年9月28日

相続税の2割加算の対象になる人・ならない人の判別方法

相続税の2割加算は、算出された相続税額の2割相当額を加算して相続税を納めなければいけない規定です。 主に2割加算の対象となるのは、相続又は遺贈により財産を... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在23,521名

知らないと損をする助成金活用術


プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)