書面決議による株主総会議事録




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、書面決議による株主総会議事録のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

書面決議による株主総会議事録

1 提案者 ○○○○株式会社 代表取締役 ○○ ○○
2 株主総会の決議があったとみなされた事項の内容
取締役○名選任の件
当会社の取締役として下記の者3名を平成○年○月○日付で選任する。
○○○○、○○○○、及び○○○○
3 株主総会の決議があったものとみなされる日
平成○年○月○日

以上のとおり、会社法第319条第1項の規定により株主総会の決議があったものとみなされたので、株主全員の同意があったことを確認するためこの議事録を作成し、議事録作成者取締役○○○○が次に記名押印する。

平成○年○月○日

○○○○株式会社
取締役 ○○ ○○

書式内で注意すべきポイント

注1 株主総会の現実の開催を省略し、書面によるやり取りにより、株主総会の決議がなされたものとみなされる場合の議事録である。
注2 「報告事項」や「決議事項」の具体的な記載内容については、現実に開催される株主総会の場合と異なるところはない。
注3 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説


 



 



新着記事

2020年1月9日

副業している社員の労災認定に関する新制度の注意点とは?

当社では、社員に対して副業を認める予定です。副業している社員の労災認定については今後、取扱いが変わる予定だと聞きました。どのような取扱いとなるのでしょうか... 続きを読む
2020年1月9日

未払残業代等の賃金請求権が3年になる!?企業が注意するべきポイントとは?

未払残業代を会社に請求できる権利が現行の2年から3年に延びるとのことですが、いつから始まり、会社にどのような影響があるでしょうか? 【この記事の著者... 続きを読む
2019年12月16日

残業代の計算式を間違えるリスクとは?

先日、大手コンビニで残業代の未払いが長期にわたっていたというニュースが流れました。 大企業でありながら、なぜこのような問題が起きたのでしょうか。 ... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03