育児・介護休業等に関する労使協定




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、育児・介護休業等に関する労使協定のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

育児・介護休業等に関する労使協定

○○株式会社と○○労働組合は、○○株式会社における育児・介護休業等に関し、次のとおり協定する。

第1条 (育児休業の申出を拒むことができる従業員)
事業所長は、次の従業員から1歳に満たない子を養育するための育児休業の申出があったときは、その申出を拒むことができるものとする。
一 入社1年未満の従業員
二 申出の日から1年以内に雇用関係が終了することが明らかな従業員
三 1週間の所定労働日数が2日以下の従業員
第2条 (介護休業の申出を拒むことができる従業員)
事業所長は、次の従業員から介護休業の申出があったときは、その申出を拒むことができるものとする。
一 入社1年未満の従業員
二 申出の日から93日以内に雇用関係が終了することが明らかな従業員
三 1週間の所定労働日数が2日以下の従業員
第3条 (子の看護休暇の申出を拒むことができる従業員)
事業所長は、次の従業員から子の看護休暇の申出があったときは、その申出を拒むことができるものとする。
一 入社6か月未満の従業員
二 1週間の所定労働日数が2日以下の従業員
第4条 (介護休暇の申出を拒むことができる従業員)
事業所長は、次の従業員から介護休暇の申出があったときは、その申出を拒むことができるものとする。
一 入社6か月未満の従業員
二 1週間の所定労働日数が2日以下の従業員
第5条 (所定外労働の免除の申出を拒むことができる従業員)
事業所長は、次の従業員から所定外労働の免除の申出があったときは、その申出を拒むことができるものとする。
一 入社1年未満の従業員
二 1週間の所定労働日数が2日以下の従業員
第6条 (育児短時間勤務の申出を拒むことができる従業員)
事業所長は、次の従業員から育児短時間勤務の申出があったときは、その申出を拒むことができるものとする。
一 入社1年未満の従業員
二 週の所定労働日数が2日以下の従業員
三 業務の性質上又は業務の実施体制に照らして所定労働時間の短縮措置を講ずることが困難と認められる業務として別に定める業務に従事する従業員

書式内で注意すべきポイント

注1 育児休業、介護休業、子の看護休暇、介護休暇、育児のための所定外労働の免除を取得することができないこととする労使協定がある場合には、一定の労働者について、対象から除外することができます。
注2 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説


 



 



新着記事

2020年9月15日

副業・兼業に関するガイドラインの改定内容(健康管理)を解説

副業・兼業に関するガイドラインについて、「健康管理」についてはどのようなことに留意しなければならないのでしょうか? 【この記事の著者】 定政... 続きを読む
2020年9月15日

副業・兼業に関するガイドラインの改定内容(労働時間管理)について

副業・兼業に関するガイドラインが改定されたとのことですが、どのような内容となっているのでしょうか? 【この記事の著者】 定政社会保険労務士事... 続きを読む
2020年9月4日

個人事業主は寄付金を必要経費にできるのか?

個人事業主が寄付金を支出したとき、どのような取り扱いをすればいいのでしょうか? ここでは、ふるさと納税を含む寄付金をした場合も含めて、個人事業主の寄付... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在23,521名

知らないと損をする助成金活用術


プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)