退職証明書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、退職証明書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

退職証明書
平成○○年○○月○○日
○○ ○○ 殿
〒○○○-○○○○
東京都○○区○○ ○丁目○番○号
○○○○株式会社
代表取締役 ○○ ○○  ○印

以下の事由により、あなたは、当社を平成  年  月  日に退職したことを証明します。

① あなたの自己都合退職(②を除く。)
② 当社の勧奨による退職
③ 定年による退職
④ 契約期間の満了による退職
⑤ 移籍出向による退職
⑥ その他(具体的には                 )による退職
⑦ 解雇(別紙の理由による。

(別紙)

□ア 天災その他やむを得ない理由(具体的には、
            によって、当社の事業継続が不可能になったこと。)による解雇

□イ 事業縮小等当社の都合(具体的には、
                            となったこと。)による解雇

□ウ 職務命令に対する重大な違反行為(具体的には、あなたが、
                              したこと。)による解雇

□エ 業務について不正な行為(具体的には、あなたが、
                              したこと。)による解雇



書式内で注意すべきポイント

注1 労働基準法第22条1項では、退職時の証明書を労働者が請求した場合、その交付を使用者に義務づけていることから、労働者から請求があった場合には遅滞なく交付しなければなりません。
注2 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説
【関連書式】 
退職時の誓約書雛形(退社後の秘密保持義務や競業避止義務を課すために提出させるひなた形)



 



 



新着記事

2019年6月26日

相殺禁止に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「相殺」とは、2人が互いに同種の目的をもつ債権を有する場合に、実際にお金の受け渡しをすることなく同じ額だけ債権を消滅させることをいいます。 相殺... 続きを読む
2019年6月25日

債務引受に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「債務引受」とは、債務者が負っている債務を別の人(引受人)が負担することをいい、免責的債務引受と併存的(重畳的)債務引受の2つがあります。 免責... 続きを読む
2019年6月25日

連帯債務に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「連帯債務」とは、複数の債務者(連帯債務者)が同じ内容の債務を負担し、ひとりひとりが全責任を負うことをいいます。 全責任を負うというのは、お金を... 続きを読む

 

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在20,286名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03