転籍辞令




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、転籍辞令のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

転籍辞令
平成○○年○○月○○日
○○ ○○ 殿
〒○○○-○○○○
東京都○○区○○ ○丁目○番○号
○○○○株式会社
代表取締役 ○○ ○○  ○印

当社は、貴殿に対し、平成○○年○○月○○日をもって現職の任を解き、平成○○年○○月○○日付で、以下のとおり転籍を命じます。
なお、勤務条件等の詳細は転籍先諸規程によることとなります。

1 転籍先
会社名:
代表者:
所在地:
勤務地:
2 担当業務
役職:
業務内容:
3 転籍先での労働条件
賃金:
労働時間:
休日休暇:
年次有給休暇:
その他:
以上


書式内で注意すべきポイント

注1 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年9月11日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応で「労使協定方式」を採用する際の通勤手当の取扱いでの注意点とは?

派遣労働者の同一労働同一賃金対応について、当社では「労使協定方式」を採用する方針です。 通勤手当の取扱いについてはどのようになるのでしょうか? ... 続きを読む
2019年9月11日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応で「労使協定方式」を採用する際の賃金の決定方法での注意点とは?

派遣労働者の同一労働同一賃金対応について、当社では「労使協定方式」を採用する方針です。 特に賃金の決定方法に留意しなければならないようですが、それはどの... 続きを読む
2019年8月19日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応における「派遣先均等・均衡方式」と「労使協定方式」の違いとは?

派遣会社として、派遣社員の同一労働同一賃金対応が必要なことは理解しました。 では、いずれかの方式を採用するよう派遣元事業主に義務付けられた2つの方式とは... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03