児童使用許可申請書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、児童使用許可申請書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

様式第1号(第1条関係)
使用許可申請書

事業の種類 事業の名称 事業の所在地

児童の氏名 性別 生年月日 住所
男 ・ 女     年  月  日
児童の就く業務内容 労働時間

(        )
平成  年  月  日
使用者
職名
氏名                   印

労働基準監督署長 殿


書式内で注意すべきポイント

注1 使用者は、満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了していない児童を使用する時は、所轄労働基準監督署長の許可を受けなければなりません。
注2 児童(満15歳到達年度の末日までの者)の1日の最大労働時間は修学時間と合わせて7時間、1週の最大労働時間は修学時間と合わせて40時間、年少者(満18歳未満の者)の1日の最大労働時間は8時間、1週の最大労働時間は40時間とされており、児童や年少者の場合には休日労働や深夜労働は禁止されているので注意が必要です(労働時間の欄は修学時間を(  )内に記入します)。
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年7月23日

M&Aにおける簿外債務のリスクとその種類とは?

M&Aで他社の買収を検討しています。その際、リスクとなる簿外債務について、その種類や注意点などについて教えてください。 【この記事の著者】 ... 続きを読む
2018年7月20日

競業避止義務契約を有効にするためのチェックポイントとは?

複数名の社員が当社を退職し、新たに会社を設立しようとしている動きがあります。 その会社の業務内容は当社とほとんど同じです。 そうすると社員が抜... 続きを読む
2018年7月19日

税務調査で真っ先に調べられる「計上のズレ」には要注意

税務調査で「計上のズレ」を指摘された経営者の話を聞きました。 計上のズレが起きる理由や注意点などがあれば教えてください。 【この記事の監修... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03