任意後見契約公正証書(即効型)




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、任意後見契約公正証書(即効型)のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

任意後見契約公正証書

本公証人は、委任者○○○○(以下「甲」という。)及び受任者○○○○(以下「乙」という。)の嘱託により、次の法律行為に関する陳述の趣旨を録取し、この公正証書を作成する。

第1条(契約の趣旨) 甲は乙に対し、平成○年○月○日、任意後見契約に関する法律に基づき、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な状況における甲の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務(以下「後見事務」という。)を委任し、乙はこれを受任する。
第2条(契約の発効) 前条の任意後見契約(以下「本契約」という。)は、任意後見監督人が選任された時からその効力を生ずる。
2 乙は、本契約に基づく任意後見契約締結の登記完了後直ちに(○○日以内に)家庭裁判所に対し、任意後見監督人の選任の請求をする。
3 本契約の効力発生後における甲と乙との間の法律関係については、任意後見契約に関する法律及び本契約に定めるもののほか、民法の規定に従う。
第3条(後見事務の範囲) 甲は、乙に対し、別紙「代理権目録(任意後見契約)」記載の後見事務(以下「本件後見事務」という。)を委任し、その事務処理のための代理権を付与する。
第4条(身上配慮の責務) 乙は、本件後見事務を処理するに当たっては、甲の意思を尊重し、かつ、甲の身上に配慮するものとし、その事務処理のため、適宜甲と面接し、ヘルパーその他日常生活援助者から甲の生活状況につき報告を求め、主治医その他医療関係者から甲の心身の状態につき説明を受けることなどにより、甲の生活状況及び健康状態の把握に努めるものとする。
第5条(証書等の保管等) 乙は、甲から本件後見事務処理のために必要な次の証書等及びこれらに準ずるものの引渡しを受けたときは、甲に対し、その明細及び保管方法を記載した預り証を交付する。
  ①登記済権利証、②実印・銀行印、③印鑑登録カード・住民基本台帳カード、④預貯金通帳、⑤各種キャッシュカード、⑥有価証券・その預り証、⑦年金関係書類、⑧土地・建物賃貸借契約書等の重要な契約書類
2 乙は、本契約の効力発生後甲以外の者が前項記載の証書等を占有所持しているときは、その者からこれらの証書等の引渡しを受けて、自らこれを保管することができる。
3 乙は、本件後見事務を処理するために必要な範囲で前記の証書等を使用するほか、甲宛の郵便物その他の通信を受領し、本件後見事務に関連すると思われるものを開封することができる。
第6条(費用の負担) 乙が本件後見事務を処理するために必要な費用は、甲の負担とし、乙は、その管理する甲の財産からこれを支出することができる。
第7条(報酬)
〔報酬額の定めがある場合〕
1 甲は、本契約の効力発生後、乙に対し、本件後見事務処理に対する報酬として毎月末日限り金○○円を支払うものとし、乙は、その管理する甲の財産からその支払を受けることができる。
2 前項の報酬額が次の事由により不相当となった場合には、甲及び乙は、任意後見監督人と協議のうえ、これを変更することができる。
一 甲の生活状況又は健康状態の変化
二 経済情勢の変動
三 その他現行報酬額を不相当とする特段の事情の発生
3 前項の場合において、甲がその意思を表示することができない状況にあるときは、乙は、任意後見監督人の書面による同意を得てこれを変更することができる。
4 第2項の変更契約は、公正証書によってしなければならない。
5 後見事務処理が、不動産の売却処分、訴訟行為、その他通常の財産管理事務の範囲を超えた場合には、甲は乙に対し毎月の報酬とは別に報酬を支払う。この場合の報酬額は、甲と乙が任意後見監督人と協議の上これを定める。甲がその意思を表示することができないときは、乙は任意後見監督人の書面による同意を得てこれを決定することができる。
〔無報酬の場合〕
1 乙の本件後見事務処理は、無報酬とする。
2 本件後見事務処理を無報酬とすることが、次の事由により不相当となった場合には、甲及び乙は、任意後見監督人と協議のうえ、報酬を定めることができる。
一 甲の生活状況又は健康状態の変化
二 経済情勢の変動
三 その他本件後見事務処理を無報酬とすることを不相当とする特段の事情の発生
3 (報酬額の定めがある場合の第3項に同じ)
4 (報酬額の定めがある場合の第4項に同じ)
第8条(報告) 乙は、任意後見監督人に対し、3か月ごとに、本件後見事務に関する次の事項について書面で報告する。
一 乙の管理する甲の財産の管理状況
二 甲を代理して取得した財産の内容、取得の時期・理由・相手方及び甲を代理して処分した財産の内容、処分の時期・理由・相手方
三 甲を代理して受領した金銭及び支払った金銭の状況
四 甲の身上監護につき行った措置
五 費用の支出及び支出した時期・理由・相手方
六 報酬の定めがある場合の報酬の収受
2 乙は、任意後見監督人の請求があるときは、いつでも速やかにその求められた事項につき報告する。
第9条(契約の解除) 甲又は乙は、任意後見監督人が選任されるまでの間は、いつでも公証人の認証を受けた書面によって、本契約を解除することができる。
2 甲又は乙は、任意後見監督人が選任された後は、正当な事由がある場合に限り、家庭裁判所の許可を得て、本契約を解除することができる。
第10条(契約の終了) 本契約は、次の場合に終了する。
一 甲又は乙が死亡し又は破産手続開始決定を受けたとき。
二 乙が後見開始の審判を受けたとき。
三 乙が任意後見人を解任されたとき。
四 甲が任意後見監督人選任後に法定後見(後見・保佐・補助)開始の審判を受けたとき。
五 本契約が解除されたとき。
2 任意後見監督人が選任された後に前項各号の事由が生じた場合、甲又は乙は、速やかにその旨を任意後見監督人に通知するものとする。
3 任意後見監督人が選任された後に第1項各号の事由が生じた場合、甲又は乙は、速やかに任意後見契約の終了の登記を申請しなければならない。
〔後記「代理権目録(任意後見契約)」を別紙として添付する。〕


書式内で注意すべきポイント

注1 任意後見契約とは、任意後見契約に関する法律(以下「任意後見法」という。)の施行により、新たに創設された制度である。
この任意後見制度は、本人が契約締結に必要な判断能力を有している間に、認知症、知的障害、精神障害等の精神上の障害により自己の判断能力が不十分な状況となったときに財産管理(後見事務)をしてもらう任意後見人を事前に任意後見契約を締結することによって決めておき、家庭裁判所が選任する任意後見監督人の監督の下で、後見人による保護を受けることができるもので、自己の貢献の在り方を自らの意思で決定するという自己決定の尊重の理念に即して、法定後見制度と相互に補充しあう契約型の制度として創設されたものである。
注2 任意後見契約は、大別すると①移行型、②即効型、③将来型の3つに区別できる。
   ①移行型とは、契約締結時から受任者に財産管理等の事務を委託し、自己の判断能力の低下後は公的機関の監督の下で受任者に事務処理を続けてもらう場合の契約形態である。
   ②即効型とは、補助対象者(場合によっては保佐対象者)等、既に判断能力が不十分な状態にある本人が法定後見による保護を受けるよりも任意後見による保護を選択し、契約締結の直後に契約の効力を発生させることを前提とした上で、本人が自ら任意後見契約を締結する場合である。
   ③将来型とは、任意後見契約法の法文に即した典型的な契約形態であり、十分な判断能力を有する本人が契約締結の時点では受任者に後見事務の委託をせず、将来自己の判断能力が低下した時点で初めて任意後見人による保護を受けようとする場合の契約形態である。
   本契約書は、②即効型を想定したものである。
注3 任意後見契約は、適法かつ有効な契約の締結を担保するため、公証人の作成する公正証書によってしなければならない(任意後見法3条)。そして、公証人からの嘱託により、すべての任意後見契約が自動的に登記される仕組みとなっている(後見登記に関する法律5条)。
注4 第2条において、任意後見契約は、任意後見監督人が選任された時からその効力を生ずると規定しているが、任意後見契約の効力発生時期について、他の時期を定めることはできない(任意後見法2条1号)。
注5 即効型は、成年後見契約を締結後直ちに家庭裁判所に対して、任意後見監督人の選任を請求する必要があるため、その義務を明文化する必要がある。
注6 代理権目録には、「任意後見契約に関する法律第3条の規定による証書の様式に関する省令」付録第1号様式(チェック方式)と付録第2号様式(自由記載方式)の2種類があり、そのいずれかによって任意後見人が代理権を行うべき事務の範囲を特定して記載しなければならない。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
注9 ・・・・・
注10 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03