勤務税理士や職員が退職するタイミングで発生する
顧客奪取に悩まれている所長税理士先生の相談が増えています。

そこでは、今回は
退職税理士・職員による顧客奪取は違法か?(誓約書がない場合) について解説いたします。

(事例1)

税理士法人から社員税理士が脱退して独立したが、脱退に伴い、税理士法人の顧問先が
税理士法人との顧問契約を解除し、脱退した税理士と新規顧問契約書した

(事例2)

会計事務所職員が退職して、他の会計事務所に転職したが、従前担当していた顧問先に働きかけ、新しい転職先である会計事務所の顧問先にしてしまった

上記の解説は、「税理士を守る会」初月無料会員の期間で視聴できます。

詳しくは以下をご確認ください。

税理士を守る会(初月無料)

無料オンラインセミナー

おすすめの記事