勤務税理士や職員が退職するタイミングで発生する
顧客奪取に悩まれている所長税理士先生の相談が増えています。

そこでは、今回は
退職税理士・職員による顧客奪取は違法か?(誓約書がない場合) について解説いたします。

(事例1)

税理士法人から社員税理士が脱退して独立したが、脱退に伴い、税理士法人の顧問先が
税理士法人との顧問契約を解除し、脱退した税理士と新規顧問契約書した

(事例2)

会計事務所職員が退職して、他の会計事務所に転職したが、従前担当していた顧問先に働きかけ、新しい転職先である会計事務所の顧問先にしてしまった

上記の解説は、「税理士を守る会」初月無料会員の期間で視聴できます。

詳しくは以下をご確認ください。

税理士を守る会(初月無料)

おすすめの記事
税法における文理解釈とは?
税理士損害賠償判例研究
文理解釈とは、法規の文字・文章の意味をその言葉の使用法や文法の規則に従って確定することによってなされる解釈です。 「租税法 第22版」(弘文...
法律行為の錯誤とは
税理士損害賠償判例研究
錯誤に関しては、 「法律行為の錯誤」 「申告書の記載内容の錯誤」 の2種類があります。 今回は、このうち、「」を取り上げます。 解説 法律行...
所得の帰属に関する裁判例
税理士損害賠償判例研究
所得税法12条は、資産又は事業から生ずる収益の法律上帰属するとみられる者が単なる名義人であって、その収益を享受せず、その者以外の者がその収益...