株主総会議案 取締役選任




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、株主総会議案 取締役選任のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

株主総会参考書類

議案及び参考事項

第○号議案 取締役3名選任の件
取締役全員(3名)は、本総会終結の時をもって任期満了となります。つきましては、取締役3名の選任をお願いするものであります。
取締役候補者は、次のとおりであります。

候補者
番 号 氏  名
(生年月日) 略歴、当社における地位、担当
(重要な兼職の状況) 所有する当社
の株式の数
1 ○○ ○○
(昭和○年○月○日生) 昭和○年○月 当社入社
平成○年○月 当社取締役
平成○年○月 当社専務取締役
平成○年○月 当社代表取締役社長(現任) ○○○○株
2 ○○  ○
(昭和○年○月○日生) 昭和○年○月 当社入社
平成○年○月 当社取締役
平成○年○月 当社取締役副社長(現任) ○○○○株
3 ○  ○○
(昭和○年○月○日生) 平成○年○月 ○○株式会社取締役
平成○年○月 同社代表取締役社長(現任)
(重要な兼職の状況)
○○株式会社代表取締役社長(現任)
公益財団法人○○財団理事長 -
(注)1 取締役候補者○ ○○氏は、○○株式会社代表取締役社長を兼務しており、当社は○○株式会社との間に○○○○の取引関係があります。また、同氏が理事長を務める公益財団法人○○財団に対して、当社は寄付を行っております。
 なお、他の取締役候補者との間には、特別の利害関係はありません。
2 ○ ○○氏は、社外取締役候補者であります。
3 ○ ○○氏を社外取締役候補者とした理由は、○○○○です。
4 ○ ○○氏は、現在、当社の社外取締役でありますが、社外取締役としての在任期間は、本総会終結の時をもって○年となります。


書式内で注意すべきポイント

注1 公開会社である場合には、候補者と会社との間に特別の利害関係(会社との財産の譲受、金銭に貸借、競業取引、利益相反取引等)があるときは、その事実の概要の記載が求められるので留意が必要である。
注2 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年6月19日

事業譲渡とは?事業譲渡契約書・意味・手続きを解説

事業譲渡とは、会社がその事業の一部、あるいはすべての事業を第三者(他社)に譲渡(売却)することです。 たとえば、ある会社が後継者不在の状態の場合、事業承継することが... 続きを読む
2018年6月19日

労働条件通知書に明示すべき事項とは?

先日、当社に入社する予定の社員に対し「労働条件通知書」を交付しました。 その後、本人から「残業に関する項目がありませんけど……」と質問を受けました。... 続きを読む
2018年6月13日

事業承継が円滑にできる!税制改正による特例措置とは?

税制改正により事業承継がしやすくなったと聞きましたが、具体的な内容について教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03