退職勧奨同意書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、退職勧奨同意書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

退職勧奨同意書
平成○○年○○月○○日
株式会社○○○
代表取締役 ○○ ○○殿

部署:○○部
職位:○○
氏名:                ○印

私は、貴社より平成○○年○○月○○日付で申し渡された退職勧奨に同意し、平成○○年○○月○○日付で退職します。
なお、特別退職慰労金○○円を受け取り、今後本件に関し、一切の異議の申立てもいたしません。
以上


書式内で注意すべきポイント

注1 退職勧奨に基づく退職は、解雇ではないことから、本人の同意が必要となります。仮に整理解雇とした場合には、後に争いとなることも多いことから、本人の同意を得て退職勧奨を行うべきです。そして、本書は退職勧奨に同意した重要な証拠となりますので必ず作成しましょう。
注2 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年9月11日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応で「労使協定方式」を採用する際の通勤手当の取扱いでの注意点とは?

派遣労働者の同一労働同一賃金対応について、当社では「労使協定方式」を採用する方針です。 通勤手当の取扱いについてはどのようになるのでしょうか? ... 続きを読む
2019年9月11日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応で「労使協定方式」を採用する際の賃金の決定方法での注意点とは?

派遣労働者の同一労働同一賃金対応について、当社では「労使協定方式」を採用する方針です。 特に賃金の決定方法に留意しなければならないようですが、それはどの... 続きを読む
2019年8月19日

派遣労働者の「同一労働同一賃金」対応における「派遣先均等・均衡方式」と「労使協定方式」の違いとは?

派遣会社として、派遣社員の同一労働同一賃金対応が必要なことは理解しました。 では、いずれかの方式を採用するよう派遣元事業主に義務付けられた2つの方式とは... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03