集金契約書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

集金契約書
甲株式会社を甲、乙某を乙として次のとおり契約する。
第1条  甲は、甲所定の集金事務要領に基づく〇〇の集金事務を乙に委託し乙はこれを承諾する。
第2条  甲は、集金事務の報酬として集金額に応じ甲所定の料金を一か月ごと取りまとめて毎週月10日に乙に支払う。
第3条  乙は、甲あてのものとして交付を受けた金銭または有価証券等を、遅滞なく甲に引き渡す。
第4条  乙は、受任した事項に関する以外、甲の営業に属する行為又はこれに紛らわしい行為を一切しないことを約する。
第5条  乙は、万一不当な行為又は通常防止し得る過失によって甲に損害を及ぼした場合、直ちに甲の指定する方法によりその損害を賠償する。
第6条  この契約は、甲又は乙のいずれかから一か月前に申し出ることにより、いつでも解除できる。
2  甲又は乙は、相手方が次の各号の一つに該当したときは、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができるものとする。なお、この解除は損害賠償の請求を妨げない。
一 本契約に違反したとき
二 手形、小切手を不渡りにする等支払い停止の状態に陥ったとき
三 仮差押え、差押え、仮処分、競売等の申立を受けたとき
四 破産、民事再生、会社更生、特別清算等の手続申立を受け又は自ら申し立てたとき
五 その他本条各号に類する事実があるとき


書式内で注意すべきポイント

注1 本契約は、甲が乙に集金を委任する契約である。具体的には、乙は甲の定める集金事務要領に基づいて、甲の名で請求、取立、弁済の受領等の集金事務をなす義務を負担し、権限を有する。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年4月18日

海外子会社で起きた循環取引を使った不正会計事例

海外にある子会社が関連した不正会計の事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 ... 続きを読む
2018年4月13日

退職者に賞与を支払う場合の注意点とは?

当社では6月の賞与支払時に、4月中に退職する社員に対してもこれまでの貢献を踏まえ賞与を支払うことを予定しています。 しかし、初めてのケースという... 続きを読む
2018年4月11日

国税犯則取締法の改正で何が変わったのか?改正点を解説

国税犯則取締法が改正されたようですが、何がどのように変わったのでしょうか? 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士事務所 税理士 讃良 周泰 ... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03