民法改正の記事一覧

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む
2019年6月28日

危険負担に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「危険負担」とは、契約によって生じた債務が債務者の責めに帰すべき事由によらずに履行できなくなった場合に、債権者が負っている債務が消滅するか存続するかを... 続きを読む
2019年6月28日

契約の成立に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 契約は法律行為のひとつであり、申込みの意思表示と承諾の意思表示がそろったときに成立します。 契約をする際に当事者同士が遠い場所にいて郵便などでや... 続きを読む
2019年6月28日

契約に関する基本原則の明記【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「契約に関する基本原則」とは、契約自由の原則のことです。 契約自由の原則は、何が自由なのかによって4つに分けることができます。 1つ目は、... 続きを読む
2019年6月28日

弁済に関する見直し(第三者弁済)【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「弁済」とは、債務者が債務を履行することであり、債務が消滅する原因のひとつです。 弁済の内容は債務の種類によって異なります。 代表的な債務... 続きを読む
2019年6月26日

相殺禁止に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「相殺」とは、2人が互いに同種の目的をもつ債権を有する場合に、実際にお金の受け渡しをすることなく同じ額だけ債権を消滅させることをいいます。 相殺... 続きを読む
2019年6月25日

債務引受に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「債務引受」とは、債務者が負っている債務を別の人(引受人)が負担することをいい、免責的債務引受と併存的(重畳的)債務引受の2つがあります。 免責... 続きを読む
2019年6月25日

連帯債務に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「連帯債務」とは、複数の債務者(連帯債務者)が同じ内容の債務を負担し、ひとりひとりが全責任を負うことをいいます。 全責任を負うというのは、お金を... 続きを読む
2019年6月25日

債務者の責任財産保全のための制度【民法改正のポイント】

現行民法のルール 契約などによってお金を支払う債務を負った債務者が債権者にお金を支払わない場合には、債権者は債務者の財産に対して強制執行をして債権を回収することになりま... 続きを読む
2019年6月25日

原始的不能の場合の損害賠償規定の新設【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「原始的不能」とは、契約が成立する前から履行が不可能であったことをいいます。 契約が成立した後に履行が不可能になったことを意味する後発的不能... 続きを読む
2019年5月29日

契約解除の要件に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「契約解除」とは、いったん成立した契約について、契約当事者の一方の意思表示によって初めからなかった状態にすることをいいます。 解除をする権利を解... 続きを読む
2019年5月29日

債務不履行による損害賠償の帰責事由の明確化【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「債務不履行」とは、契約から生じる債務を行わないことをいいます。 債務不履行には、履行遅滞、履行不能、不完全履行の3つがあります。 すべて... 続きを読む
2019年5月29日

代理に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「代理」とは、本人以外の人が本人の代わりに意思表示をすることによって、その意思表示による法律効果が本人について生じることをいいます。 有効に代理... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03