監査役会規則



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

監査役会規則

(目的)
第1条 当会社の監査役会に関する事項は、法令又は定款に定めるもののほか、本規則の定めるところによる。

(構成)
第2条 監査役会は、監査役全員をもって構成する。

(関係者の出席)
第3条 監査役会は、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議を行い、又は決議をする。但し、各監査役の権限の行使を妨げることはできない。

(開催)
第4条 監査役会は、原則として3か月に1回以上開催する。但し、必要に応じて、臨時に開催する。

(招集者及び議長)
第5条 監査役会は、各監査役が招集し、招集した監査役がその議長となる。

(招集手続)
第6条 監査役会の招集通知は、各取締役及び各監査役に対し、監査役会の日の5日前までに発する。但し、緊急の場合は、これを短縮することができる。
2 監査役会は、前項の規定にかかわらず、監査役全員の同意により、前項の招集手続を経ないで開くこともできる

(決議の方法)
第7条 監査役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、監査役全員の過半数をもって行う。

(決議事項)
第8条 監査役会は、次の各号に掲げる事項を決議する。
(1) 常勤監査役の選定及び解職に関する事項
(2) 監査の方針、監査の方法、監査業務の分担及び解職に関する事項
(3) 会計監査人の選任、不再任、解任に関する事項
(4) 仮会計監査人の選任に関する事項
(5) 監査役の選任に関する事項
(6) 監査報告に関する事項
(7) 監査役会規則の改廃に関する事項
(8) その他監査役の職務執行に関し監査役会が必要と認めた重要事項

書式内で注意すべきポイント

注1 第4条に関して、監査役会の開催頻度は法定されていない。実務上は3か月に1回開催するという例が多いようである。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年7月26日

税務調査における脱税に対する税務署の対応とは?

脱税事件が後を絶ちません。 社長が売上金額の一部を申告しないケースについて、その手口や心理、また税務調査における税務署の対応などについて教えてく... 続きを読む
2017年7月19日

就業規則における昇給に関する規定の注意点とは?

当社は、毎年1回の「昇給」を実施してきましたが、今回、一部社員については成績が思わしくない等の理由により、金額は僅かであるものの 降給とし... 続きを読む
2017年7月14日

現場主導で行なわれた在庫の前倒し計上・増加による不正会計事例

経営者主導ではなく現場主導で行なわれた不正会計の事例があれば教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 ... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)