監査役会議事録 会計監査人解任




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、監査役会議事録 会計監査人解任のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

監査役会議事録

1 日  時  平成○年○月○日(○曜日)午前○時○分から○時○分
2 場  所  ○○県○○市○○丁目○番○号  当社本店会議室
3 出席監査役
監査役総数   ○名
出席監査役数  ○名(○○監査役、○○監査役、○○監査役)

定刻、常勤監査役○○○○が議長となり、午前○時○分開会を宣し、議事に入った。

第1号議案 会計監査人解任の件
議長より、当社の会計監査人である○○○○監査法人について、○○○○社の粉飾決算への関与が報道されており、○○○○監査法人からの状況報告も概ねこれを認める内容であったことを報告し、この件は、会計監査人としてふさわしくない非行(会社法第340条第1項第2号)に該当するので、本日をもって、○○○○監査法人を会計監査人から解任することとしたい旨を提案したところ、全員一致で承認可決した。

以上をもって、本日の議事を全て終了したので、議長は午前○時○分閉会を宣した。

上記議事の経過の要領及びその結果を明確にするため、本議事録を作成し、出席監査役全員がこれに記名捺印する。

平成○年○月○日

○○○○株式会社  監査役会
議長 常勤監査役 ○○ ○○  ㊞
監査役 ○○ ○○  ㊞
監査役 ○○ ○○  ㊞


書式内で注意すべきポイント

注1 監査役会は、会計監査人が、①職務上の義務に違反し、又は職務を怠ったとき、②会計監査人としてふさわしくない非行があったとき、及び③心身の故障のため、職務の執行に支障があり、又はこれに堪えないときには、その会計監査人を解任することができるところ、当該決議に係る議事録である。
注2 会計監査人の解任は、監査役の全員の同意によって行わなければならないので、監査役会で決議する場合も全員一致で行い、議事録にもその旨を明記しておく必要がある。
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2019年3月12日

36協定の起算日と給与計算期間がずれていた場合の問題点とは?

2019年4月より、36協定の書式が変更されることに伴い、現状締結している協定を改めて確認したところ、1か月の起算日が「毎月1日」(1日~末日まで1か月)... 続きを読む
2019年3月12日

中途入社社員の残業単価の計算方法とは?

当社の給与支給日は、月末締め翌月25日払いです。 先日、月の途中に入社した社員から「残業代の計算が違うのではないか。残業単価も日割計算されていると思う」... 続きを読む
2019年2月7日

社員の給与の前借りは認めるべきか?

先日、採用したばかりの社員から、「給与の前借りをお願いできませんか?」と相談がありました。 当社の給与は、末締め翌月25日に支給しています。 前借りを... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03