土地転貸借契約書



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

土地転貸借契約書
賃借人○○○○(以下「甲」という。)と、転借人○○○○(以下「乙」という。)は、以下のとおり土地転貸借契約を締結する。
第1条(転貸借の合意)
甲は、甲が、所有者である契約外○○○○(以下「丙」という。)から、建物所有の目的で賃借中の後記物件目録共通の土地(以下「本件土地」という。)を、建物所有の目的で乙に転貸し、乙はこれを転借する。
第2条(期間)
本契約の期間は、平成○年○月○日から平成○年○月○日までの○年間とする。
第3条(転貸賃料)
賃料は1か月○○円とし、乙は毎月月末に翌月分を、甲が指定する金融機関口座に振り込む方法で支払う。
第4条(敷金)
1 乙は、甲に対し、本契約の成立と同時に、本契約に基づく一切の債務の担保として敷金○万円を差し入れる。
2 敷金には利息を付さないこととし、本契約の終了後に乙が甲に対し本件土地を明け渡した場合、甲は、敷金から乙の未払賃料等本契約に基づく乙の債務のうち未払いのものを控除した上で、その残額について乙に返還する。
3 乙は、本件土地を原状に復して明け渡すまでの間、敷金返還請求権をもって、甲に対する債務と相殺することができない。
4 乙は、敷金返還請求権を第三者に譲渡し、又は担保に供してはならない。
5 甲は、乙に賃料その他本契約に基づく債務の不履行または損害賠償債務がある場合には、第1項の敷金をこれに充当することができる。

書式内で注意すべきポイント

※1 転貸借契約は、目的物の所有者から賃借している賃借人から、転借人が、一定期間、有償で貸与を受ける契約ですから、目的物、賃料、賃貸期間をはっきりと分かるように記載します。
※2 ・・・・・
※3 ・・・・・
※4 ・・・・・
※5 ・・・・・
※6 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



契約書のリーガルチェックが必要な理由

契約と契約書について、基礎知識から作成の際の注意ポイントまでを法的な立場から、わかりやすく解説

 

新着記事

2017年9月21日

実在しない商品による資金循環取引不正事例

資金の循環取引による不正事例について教えてください。 【この記事の著者】 江黒公認会計士事務所 公認会計士 江黒 崇史 http:... 続きを読む
2017年9月20日

消費税の簡易課税制度とみなし仕入れ率とは?

消費税の「簡易課税制度」と「みなし仕入れ率」について、その内容や注意点があれば教えてください。 【この記事の監修者】 讃良周泰税理士... 続きを読む
2017年9月13日

会計監査の確認状で暴かれた未請求売上による不正事例

監査法人による会計監査で不正会計が発覚する場合もあるのでしょうか?  事例があれば教えて下さい。 【この記事の著者】 江黒公認会計... 続きを読む

 

b03 b03

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,897名

知らないと損をする助成金活用術

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

助成金