契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

取締役会議事録 競業取引(承認)

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、取締役会議事録 競業取引(承認)のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

取締役会議事録

1 開催日時 平成○年○月○日(○曜日)午前○時
2 開催場所 当社本社会議室
3 出席者  取締役総数   ○名
出席取締役数  ○名
監査役総数   ○名
出席監査役数  ○名

定刻、取締役社長○○○○は議長席に着き、開会を宣し議事に入る。

決議事項  第1号議案  取締役の競業取引承認の件
議長から、社外取締役○○○○は、平成○年○月○日開催予定の株式会社○○○○の取締役会において代表取締役に選定される予定であるところ、同社は当社の事業の部類に属する取引である衣料品の販売を行っており、これは会社法第365条第1項・第356条第1項第1号の競業取引に該当する可能性があるので、取締役会の承認を求めたい旨提案があり、社外取締役○○○○より、株式会社○○○○の概要、行っている取引の内容、取引相手先、取引地域、売上高等を開示して説明がなされた。
引き続き、取締役○○○○から、当社製品は株式会社○○○○の製品と顧客層が異なっており、取引地域、取引規模等に鑑みると、現時点では当社の取引とはほとんど競合しないと思われる一方で、社外取締役○○○○は当社の社外取締役として必要な人材である旨の説明がなされ、職場に諮ったところ、全員異議なく、これを承知した。
なお、社外取締役○○○○は、特別利害関係人に該当するため、本議案の決議に加わらなかった。

以上をもって本日の議事を終了したので、議長は午前○時○分閉会を宣した。

書式内で注意すべきポイント

注1 取締役会設置会社において、取締役が自己又は第三者のために競業取引を行う場合は、当該取引について重要な事実を開示した上で、取締役会の承認を受ける必要があるところ、当該決議に係る議事録である。
注2 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説

新着記事

2021年06月02日

相続税の納税猶予の種類と各制度の猶予・免除規定を解説

相続税の納税猶予は延納や物納とは異なり、税金の支払いが猶予されるだけでなく、一定の条件を満たすことで相続税が免除されます。 ただ納税猶予を適用でき...
2021年06月02日

相続税の納付方法の種類と延納・物納制度のポイント解説

相続税は金銭納付が原則です。 しかし相続税の納税額や相続財産の種類によっては、延納や物納による支払いも認められています。 本記事では相続税の...
2021年06月01日

相続税がかかる財産とは?課税対象になるのは相続財産だけではない

相続税は、亡くなった人(被相続人)が相続開始時点で保有していた財産に対して課される税金です。 ただ相続財産(本来の相続財産)でなくても、相続税の課...