報告省略の取締役会議事録




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、報告省略の取締役会議事録のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

取締役会議事録

1 取締役会への報告を要しないものとされた事項
○○○○○○○
2 取締役会への報告を要しないものとされた日
平成○年○月○日
3 議事録作成者
取締役 ○○ ○○

上記のとおり、会社法第372条第1項の規定により、取締役及び監査役全員に対して取締役会に報告すべき事項の通知があったので、これを証するため、本議事録を作成し、議事録作成に係る職務を行う取締役が記名押印する。

平成○年○月○日

○○○○株式会社  取締役会
取締役 ○○ ○○


書式内で注意すべきポイント

注1 取締役、会計参与、監査役、及び会計監査人は、一定の場合に取締役会に報告義務を負うが、取締役及び監査役の全員に対して取締役会に報告すべき事項を通知したときは、当該事項を取締役会へ報告することを要しないところ、上記はこの場合における議事録の記載例である。
注2 報告を要しないものとされる事項としては、例えば、取締役による競合取引又は利益相反取引についての重要事実や取締役の職務の執行に関し不正の行為又は法令・定款に違反する事実又は著しく不当な事実があると認めるときの監査役の報告等がある。
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年5月8日

固定残業代の時間数が社員によって異なるのは違法か?

当社では固定残業代制度を導入し、手当として支給しています。 1か月の固定残業時間は基本20時間ですが、25時間や22時間の社員もおります。 そのためか... 続きを読む
2019年5月8日

アルバイトへの賞与不支給は違法か?

弊所はアルバイトを多数雇用している企業です。 賞与について正社員や契約社員には支給していますが、アルバイトには支給していません。 最近「同一労働同... 続きを読む
2019年4月9日

年次有給休暇管理簿に記載すべき事項とは?

年5日の有給取得義務化に関連して、有給の管理簿も作成しなければならないと聞きました。 当社では、有給の取得や残日数がわかる簡単な管理表は作成していました... 続きを読む

 

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在20,286名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03