秘密保持誓約書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、秘密保持誓約書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

秘密保持誓約書

平成○○年○○月○○日
株式会社○○○○ 御中
住所:
氏名:○ ○  ○ ○  ○印

今般私は、貴社に従業員として入社するにあたり、下記の秘密保持に関する事項を遵守することを誓約いたします。

1 貴社に在職中、貴社(子会社、グループ会社を含む。)の営業秘密その他の技術上または営業上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます。)について、貴社の書面による承諾を得ることなく、秘密情報の複製、第三者への開示、漏洩せず、または自ら不正に使用しないこと。
2 貴社を退職した場合、秘密情報が記録された媒体については、貴社の指示に従い、速やかに返還又は破棄し、貴社を退職した後においても、前項の秘密情報を第三者に開示、漏洩し、または自ら不正に使用しないこと。
3 上記各誓約事項に違反して貴社に損害を与えたときは、その損害を賠償する責任を負うこと。
4 退職後の秘密保持義務を遵守するため、貴社を退職した後○年間、○○地域において、以下の行為を行わないこと。
① 貴社と競合する事業者に就職又は役員に就任すること。
② 貴社と競合する事業者が提携する企業に就職又は役員に就任すること。
③ 貴社と競合する事業を自ら開業又は会社を設立すること。

以上


書式内で注意すべきポイント

注1 秘密保持誓約書は、特に就業規則において秘密管理規定がないような場合には、必ず社員に差し入れさせましょう。
注2 秘密の漏洩に加え、複製自体を禁止することで、情報流出を予防しましょう。
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03