身元保証契約書




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、身元保証契約書のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

身元保証契約書

(使用者)○○○○(以下「甲」という。)と(身元保証人)○○○○(以下「乙」という。)は、甲が○○○○(以下「丙」という。)を雇用するにあたり、以下のとおり身元保証契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条(責任)
丙が、甲丙間で交わされる雇用契約に違反し、または丙が故意、過失により甲に損害を与えたときは、乙は、丙と連帯して甲に対し賠償の責任を負う。

第2条(期間)
本契約の契約期間は、本契約締結日から5年とする。

第3条(通知)
1 甲は、以下の場合には、遅滞なく乙にその旨通知するものとする。
① 丙に業務上不適任または不誠実な事跡があり、このために乙の責任を引き起こすおそれがあることを甲が知ったとき
② 丙の任務または任地を変更し、このために乙の責任が加重され、または乙による丙の監督が困難となるとき
2 乙は、乙に連絡先に変更が生じた場合、直ちに甲に対し、変更後の連絡先を通知する。

第4条(協議解決)
本契約に定めのない事項、又は本契約の解釈について疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議のうえ解決する。

第5条(合意管轄)
甲及び乙は、本契約に関し裁判上の紛争が生じたときは、甲の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。

本契約締結の証として、本契約書2通を作成し、甲乙相互に署名又は記名・捺印のうえ、各1通を保有することとする。


書式内で注意すべきポイント

注1 本契約書は、社員が入社するにあたり、社員の故意・過失により会社に損害を与えた場合に備えて、親族等に連帯保証契約を締結する際に用います。
注2 身元保証契約の契約期間は、最長5年で、期間を定めなかった場合には3年となることから、契約期間の定めを忘れずに規定しましょう。
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年7月16日

バイトテロへの効果的な対策とは?

当社では、将来的に人件費が増加することを鑑み、役職定年制の導入を考えています。導入にあたり注意しなければならないポイントがいくつかあるかと思いますが、特に... 続きを読む
2019年7月16日

役職定年制の新規導入における注意点とは?

当社では、将来的に人件費が増加することを鑑み、役職定年制の導入を考えています。導入にあたり注意しなければならないポイントがいくつかあるかと思いますが、特に... 続きを読む
2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03