賃貸借契約の更新拒絶通知




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、賃貸借契約の更新拒絶通知のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿に対し、以下の条件で建物(以下「本件建物」といいます。)を賃貸してい
ますが(以下「本件賃貸借契約」といいます
。)、以下の通り、平成○年○月○日をもっ
て期間満了になります。
1 契約日  平成○年○月○日
2 物件   所在   東京都中央区○○町○丁目○番地
家屋番号 ○番
種類   居宅
構造   木造瓦葺平屋建
床面積  ○○平方メートル
3 賃料   1か月○万円
4 支払期日 翌月分を毎月末日限り支払う
5 契約期間 平成○年○月○日から平成○年○月○日まで
さて、この度年老いた私の両親を呼び寄せて介護することとなり、私どもの自宅では手狭なため、私宅から徒歩数分である本件建物を使用する必要が生じました。
したがって、本件賃貸借契約を期間満了日の平成○年○月○日をもって終了させて頂きたく、本書をもって通知致します。
つきましては、本件賃貸借契約の満了する平成○年○月○日までに、本件建物を明け渡して下さいますよう、お願い申し上げます。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○○○      ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、建物の貸主に賃貸建物を使用する必要性が生じたため、契約期間の更新を拒絶し、賃貸期間の満了とともに賃貸借契約を終了させるための文例である。
注2 借地借家法により借主は保護されているため、契約期間が満了したからといって当然に契約が終了するわけではない。貸主が期間満了の1年前から6か月前までに政党の事由のある更新拒絶をしなければ、建物賃貸借契約は更新したものとみなされる(借地借家法26条、28条1項)
注3 何度も用いる語には略語を設定する。
注4 賃貸借契約の内容を明記する。契約書を参照するとよい。
注5 賃貸貸借契約の内容は以下のように記載して特定してもよい。
   例)「私は、貴殿に対し、平成○年○月○日、東京都○○区○○町○丁目○番地所在の建物(家屋番号:○番、種類:居宅、構造:木造瓦葺平屋建、床面積:○○平方メートル)を賃料1か月○万円、支払期日は翌月分を毎月末日限り支払こととし、契約期間を平成○年○月○日から平成○年○月○日までの内容で賃貸しております(以下「本件賃貸借契約」といいます。)。」
注6 注2で述べたように更新拒絶には正当の事由が必要であるから、貸主の側で建物を使用する必要があることを具体的に記載する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03