契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

原状回復費用請求

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、原状回復費用請求のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿に対し、後記建物を賃貸期間平成○年○月○日から平成○年○月○日までの内容で賃貸しており(以下「本件賃貸借契約」といいます。)、先日賃貸期間満了にともな
い後記建物の明渡しを受けました。
貴殿から明渡しを受けました後記建物を調査した結果、壁紙、フローリング、カーペットなどに大きな損傷が残存していたため、原状回復費用として合計○万円を支出致しました。
本件賃貸借契約第○条に記載してありますように、原状回復費用は貴殿が負担されるべきものであり、そのことは本件賃貸借契約締結時にご説明の通りで、貴殿もご承知のことと思います。
つきましては、本書到達後1週間以内に、原状回復費用合計○万円を、後記振込口座までお支払い下さい。
期限内にお振込みを頂けないときには、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。

(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○

    所在   東京都○○区○○町○丁目○番地
    家屋番号 ○番
    種類   居宅
    構造   木造瓦葺平屋建
    床面積  ○○平方メートル

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、借主から賃貸建物の明渡しを受けたが、賃貸当初なかった破損が認められ、原状回復費用を支出したため、右費用に相当する金銭を請求する文例である。
注2 借家を明け渡す際の原状回復の範囲については、通常生活するにあたって発生する損耗は範囲外とするのが一般的な解釈である。そのような損耗の修繕費用は賃料に含まれていると考えられるからである。
注3 原状回復の内容や原状回復費用を具体的に記載する。
注4 原状回復費用は、その内容によって貸主と借主のいずれが負担すべきかがきまるが、契約によって借主が負担すべきことが明記されていればその旨記載して、負担についての争いを回避する。
注5 支払期限は記載する。
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説

新着記事

2021年04月01日

限定承認による相続税とみなし譲渡による準確定申告の必要性

被相続人の財産がプラス財産よりもマイナス財産が多い場合、相続放棄することで相続財産を承継しない選択肢もありますが、限定承認なら承継する債務を抑えつつプラ...
2021年04月01日

相続発生日と相続の開始があったことを知った日が異なるケースとは?

相続税は、被相続人の相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に申告書を提出しなければなりません。 相続の開始があったことを知った日は...
2021年04月01日

相続税対策で土地活用するなら貸付けしないと節税効果は半減

相続税の節税手段の一つに不動産を活用する方法があり、相続財産を現金から土地に変えることで、相続税評価額を抑える効果が期待できます。 しかし相続税対...