契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

賃料増額請求

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、賃料増額請求のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿に対し、以下の条件で建物を賃貸しています(以下「本件賃貸借契約」といいます。)。
1 契約日  平成○年○月○日
2 物件   所在   東京都中央区○○町○丁目○番地
家屋番号 ○番
種類   居宅
構造   木造瓦葺平屋建
床面積  ○○平方メートル
3 賃料   1か月○万円
4 支払期日 翌月分を毎月末日限り支払う
5 契約期間 平成○年○月○日から平成○年○月○日まで
賃貸開始から既に○年もの期間が経過しておりますが、その間物価は上昇し、固定資産税も増加するなど本件賃貸借契約締結当初とは、経済情勢が変動しております。
つきましては、本件賃貸借契約の賃料を平成○年○月分から1か月○万円に増額させて頂きたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、経済情勢の変動に伴い賃料の増額を請求する文例である。
題名は、「賃料増額請求の通知書」としてもよい。
注2 賃貸借契約には、「賃料が税金などの増減、物価の高騰その他経済状況の変動により近隣の賃料に比べて不相当となったときは、賃貸人は将来に向かってその増減を請求できる」とする特約条項が設けられている場合がある。
   仮にそのような条項がなくとも、借地借家法11条、32条により土地建物の賃料の増額請求は一定の場合に認められる。
注3 何度も用いる語には略語を設定する。
注4 賃貸借契約の内容、特に賃料の額を明記する。
注5 賃貸貸借契約の内容は以下のように記載して特定してもよい。
   例)「私は、貴殿に対し、平成○年○月○日、東京都○○区○○町○丁目○番地所在の建物(家屋番号:○番、種類:居宅、構造:木造瓦葺平屋建、床面積:○○平方メートル)を賃料1か月○万円、支払期日は翌月分を毎月末日限り支払こととし、契約期間を平成○年○月○日から平成○年○月○日までの内容で賃貸しております(以下「本件賃貸借契約」といいます。)。」
注6 増額の理由はできる限り具体的に書く。例えば、以下のようなものが考えられる。
  例)「本件物件の最寄り駅周辺の再開発に伴い、本件物件の所在する○○区○○町周辺の同種の物件の賃料相場は、月額○万円から○万円となっております。」
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説

新着記事

2021年01月08日

設備投資をした場合の使いやすい制度とは?

中小企業が設備投資をした場合、利用できる税制の中に「中小企業経営強化税制」と「中小企業投資促進税制」があります。 これらの違いや適用によって税金はど...
2021年01月08日

国庫補助金を受けた場合の圧縮記帳とは?

国庫補助金とは、個人や中小企業を対象に国などが特定の事務や事業補助を目的として交付する金銭です。 中小企業がこの国庫補助金を受けて、固定資産を取得し...
2021年01月08日

相続財産を遺贈寄附した場合の課税関係と節税方法

相続財産を法人へ寄附する場合、遺言により渡すケースと相続人が相続財産を取得し法人へ寄附するケースでは、相続税の課税関係が異なります。 寄附先の法人の...