金銭借用証書(ボーナス払い併用版)




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、金銭借用証書(ボーナス払い併用版)のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

金銭借用書

金○○○万円也

私は、貴殿から、上記金額を本日次の約定により借り受けました。

1.元金は平成○年○月から平成○年○月まで毎月末日限り各金  万円( 回払い)を貴殿指定の口座に振り込む方法によって支払います。
また、平成○年から平成○年までの毎年○月及び○月については各末日限り、上記金額に加え各金  万円を上乗せして支払います。
2.利息は、年○%とし、前項の元金支払いと併せて毎月支払います。
3.私に、次の各号の事由が一つでも生じた場合、貴殿からの何らの通知、催告がなくとも当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払います。
支払の停止又は破産、民事再生、会社更生手続、会社整理、若しくは特別清算の申立があったとき。
手形交換所の取引停止処分を受けたとき。
仮差押、仮処分、強制執行、又は任意競売の申立、若しくは滞納処分のあったとき。
その他私の財産状態が著しく悪化し、又はそのおそれがあると認められるとき。
4.私が本件支払を遅延したとき又は期限の利益を喪失したときは、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、残元金に対する年 %(365日日割計算)の割合による遅延損害金を支払います。
5.本件に関して紛争が生じた場合には、貴殿の住所地の裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。
平成○年○月○日

住 所
氏 名(借主)          ㊞
                   
住 所
氏 名(貸主)          ㊞


書式内で注意すべきポイント

注1 本件借用書は、金銭を貸し付ける際に、契約書の作成とまではいかない場合でも、金銭を貸し付けたことの証明として、借主から貸主に差し入れるものである。
なお、本書式では、分割払いにボーナス払いを併用して支払うという内容になっている。
注2 借入金額は、偽造や偽造したと疑われないように、漢数字で記載することも考えられる。
注3 元本と利息の双方について支払日を定めた方がよい(2)。
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03