利率変更契約




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、利率変更契約のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

利率変更契約書

貸主    (以下「甲」という。)と借主    (以下「乙」という。)は、以下のとおり本契約を締結する。

(利率変更)
第1条 甲及び乙は、甲乙間の平成○年○月○日付金銭消費貸借契約書第 条 (以下「原契約書」という。) に定める利息の利率を,平成○年○月○日以降,年 %に改定することに合意した。
2 原契約書第 条の遅延損害金の利率は,原契約書どおりとする。
上記契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。

平成○年○月○日

住 所
氏 名

住 所
氏 名


書式内で注意すべきポイント

注1 第1条1項。後の争いの発生を防止するために、変更する契約を特定、明示する
注2 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月26日

相殺禁止に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「相殺」とは、2人が互いに同種の目的をもつ債権を有する場合に、実際にお金の受け渡しをすることなく同じ額だけ債権を消滅させることをいいます。 相殺... 続きを読む
2019年6月25日

債務引受に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「債務引受」とは、債務者が負っている債務を別の人(引受人)が負担することをいい、免責的債務引受と併存的(重畳的)債務引受の2つがあります。 免責... 続きを読む
2019年6月25日

連帯債務に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「連帯債務」とは、複数の債務者(連帯債務者)が同じ内容の債務を負担し、ひとりひとりが全責任を負うことをいいます。 全責任を負うというのは、お金を... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03