原状回復費用請求



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿に対し、後記建物を賃貸期間平成○年○月○日から平成○年○月○日までの内容で賃貸しており(以下「本件賃貸借契約」といいます。)、先日賃貸期間満了にともな
い後記建物の明渡しを受けました。
貴殿から明渡しを受けました後記建物を調査した結果、壁紙、フローリング、カーペットなどに大きな損傷が残存していたため、原状回復費用として合計○万円を支出致しました。
本件賃貸借契約第○条に記載してありますように、原状回復費用は貴殿が負担されるべきものであり、そのことは本件賃貸借契約締結時にご説明の通りで、貴殿もご承知のことと思います。
つきましては、本書到達後1週間以内に、原状回復費用合計○万円を、後記振込口座までお支払い下さい。
期限内にお振込みを頂けないときには、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、借主から賃貸建物の明渡しを受けたが、賃貸当初なかった破損が認められ、原状回復費用を支出したため、右費用に相当する金銭を請求する文例である。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年4月21日

法(定)内残業にも割増賃金を支払うべきか?

当社は始業9時、終業5時の1日7時間労働の会社です。 5時を超えて残業した場合には2割5分増で計算した時間外手当を支給していますが、先日同じ業界の人... 続きを読む
2017年4月19日

税務調査で棚卸資産が問題になるケースとは?

税務調査では、棚卸資産の有無が争点になりやすいという話を聞きましたが、なぜでしょうか? また、どのような場合に問題になるのでしょうか? ... 続きを読む
2017年4月12日

深夜残業後の休暇は認められるか?

電通の従業員の過労死自殺問題に関する報道をきっかけに、「勤務間インターバル」という言葉を知りました。 国も企業の積極的な導入へ向け助成金制度を導入し... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03