取締役会議事録 会社・取締役間の訴えの会社代表者




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、取締役会議事録 会社・取締役間の訴えの会社代表者のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

取締役会議事録

1 開催日時 平成○年○月○日(○曜日)午前○時
2 開催場所 当社本社会議室
3 出席者  取締役総数   ○名
出席取締役数  ○名
監査役総数   ○名
出席監査役数  ○名

定刻、取締役社長○○○○は議長席に着き、開会を宣し議事に入る。

決議事項  第1号議案  会社と取締役との間の訴えの会社代表者について
議長は、○○○○代表取締役に対する責任追及訴訟の提起が株主から請求されている旨を説明の上、この訴訟に対する会社代表者として次の者を選任したい旨提案して、この賛否を諮ったところ全員異議なくこれを決議した。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○

以上をもって本日の議事を終了したので、議長は午前○時○分閉会を宣した。

以上、議事の経過及び結果を明確にするため本議事録を作成し、出席取締役及び出席監査役は次に記名押印する。


書式内で注意すべきポイント

注1 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月26日

相殺禁止に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「相殺」とは、2人が互いに同種の目的をもつ債権を有する場合に、実際にお金の受け渡しをすることなく同じ額だけ債権を消滅させることをいいます。 相殺... 続きを読む
2019年6月25日

債務引受に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「債務引受」とは、債務者が負っている債務を別の人(引受人)が負担することをいい、免責的債務引受と併存的(重畳的)債務引受の2つがあります。 免責... 続きを読む
2019年6月25日

連帯債務に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「連帯債務」とは、複数の債務者(連帯債務者)が同じ内容の債務を負担し、ひとりひとりが全責任を負うことをいいます。 全責任を負うというのは、お金を... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03