契約書のひな形、内容証明郵便書式、労務書式、
会社法議事録・通知書のテンプレートが無料

 

婚約破棄を理由に結納金返還請求

無料ダウンロード
書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、婚約破棄を理由に結納金返還請求のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、あなたに対し、以下の通り結納金の返還請求を行います。
私は、あなたと令和○年○月○日に婚約し、同日結納金○○万円を交付しました。
ところが、あたたは、先日、一方的に婚約の解消を申し出られました。
私は、あなたの意思を尊重し、婚約解消に同意することとしましたが、結納金は婚姻が成立することを条件に交付したものですので、その返還を要求します。
 つきましては、上記結納金○○万円を下記振込口座に本通知書到達日から1週間以内にお振り込み頂く方法によりご返還下さい。
 期限内にお振り込み頂けないときには、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。
(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
令和○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○○○      ○印

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、婚約を解消された者が婚約に際して交付した結納金の返還を求める際の文例である。
注2 結納は婚約の成立を条件とする一種の贈与契約と考えられている。したがって、婚約が解消された場合には、結納金は法律上の原因のない利得となり、結納金を受領した者はこれを返還する義務を負う(民法703条)。
注3 本事例のように相手方が一方的に婚約の解消を申し出た場合でなく、当事者双方の合意により婚約を解消した場合でも結納金の返還請求をすることはできる。もっとも、自ら一方的に婚約を解消した場合には、自己の交付した物の返還を請求することはできないとされている。
注4 結納金を交付した日時、及び結納金の金額は特定する。
注5 期限は忘れずに設定する。
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説

新着記事

2022年06月22日

個人事業主が税制面で不利益を受けている根拠と対処法

個人事業主は、サラリーマン(給与所得者)や会社経営者と比べ、税制面で不利なことが多く、収入が同じでも手元に残るお金が少なくなりやすいです。 本記事...
2022年06月15日

法人税・消費税の税務調査を受けやすい業種・ケースを解説

法人の数は、国税庁の令和元年度分の調査によると約275万件も存在しているため、すべての法人が毎年調査を受けることはありません。 しかし会社を経営し...
2022年05月17日

医療法人の種類と相続税における取扱いおよび評価上の注意点

医療法人は一般法人とは異なるカテゴリーに属する法人のため、出資額に対する相続税の評価方法は株式とは違いますし、医療法人の種類によって相続税の課税対象の有...