雇用契約書(就業規則なし)



※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

書式の一部抜粋(本文)

雇用契約書

(使用者)○○○○(以下「甲」という。)と(労働者)○○○○(以下「乙」という。)は、以下のとおり雇用契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条(雇用)
甲は、本契約の規定及び別紙労働条件通知書に定める条件により乙を雇用し、乙は甲に従いその職務を誠実に遂行し、甲はこれに対し賃金を支払うことを約する。

第2章(遵守事項)
乙は、甲に対し、以下の事項を遵守することを誓約する。
① 法令、諸規則、諸規程、本契約及び業務命令等を遵守し、誠実に職務を遂行する。
② 業務上の機密に属する事項(個人情報を含む。)を、在職中のみならず退職後も第三者に漏えいしない。
③ 甲の事前の書面による承諾なしに、在職中及び退職後1年間は、甲と同一又は類似のノウハウを利用した事業を自ら営み、又は甲の事業と競合する事業を営む会社に雇用されない。

第3条(試用期間)
1 労働契約の期間開始日から3か月間は試用期間とする。ただし、甲乙協議の上、試用期間を延長することができる。
2 甲は、乙が社員として不適格であると判断したときは、試用期間満了日までに解雇することができる。
3 試用期間が満了した場合、乙は甲の社員として本採用されたものとする。この場合試用期間は勤続年数に含まれるものとする。

書式内で注意すべきポイント

注1 本書式は、就業規則が定められていない会社の場合の雇用契約書です。使用者は労働者に対し、①労働契約の期間、②就業の場所および従事すべき業務、③就業時間・休日等、④賃金、⑤退職の各事項を書面により明示しなければならないことから、雇用契約書とともに、上記労働条件が明らかとなる労働条件通知書を別途交付することとしています。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 

新着記事

2017年4月21日

法(定)内残業にも割増賃金を支払うべきか?

当社は始業9時、終業5時の1日7時間労働の会社です。 5時を超えて残業した場合には2割5分増で計算した時間外手当を支給していますが、先日同じ業界の人... 続きを読む
2017年4月19日

税務調査で棚卸資産が問題になるケースとは?

税務調査では、棚卸資産の有無が争点になりやすいという話を聞きましたが、なぜでしょうか? また、どのような場合に問題になるのでしょうか? ... 続きを読む
2017年4月12日

深夜残業後の休暇は認められるか?

電通の従業員の過労死自殺問題に関する報道をきっかけに、「勤務間インターバル」という言葉を知りました。 国も企業の積極的な導入へ向け助成金制度を導入し... 続きを読む

お問い合わせボタン

知らないと損をする助成金活用術






無料会員数

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)




b03