借地契約期間満了前の借主の更新請求




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、借地契約期間満了前の借主の更新請求のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿から、以下の条件で土地(以下「本件土地」といいます。)を賃借しています(以下「本件賃貸借契約」といいます。)。
1 契約日  平成○年○月○日
2 物件   所在 東京都○○区○○町○丁目○番
地番 ○番○
地目 宅地
地積 ○○平方メートル
3 賃料   1か月○万円
4 支払期日 翌月分を毎月末日限り支払う
5 契約期間 平成○年○月○日から平成○年○月○日まで
本件賃貸借契約は平成○年○月○日に期間が満了致しますが、私は、本件土地に建物を所有しておりますので、同日以降も本件賃貸借契約と同一の条件で契約を更新して下さいますよう、お願い申し上げます。

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
平成○年○月○日
東京都○○区○○町○丁目○番○号
通知人 ○○○○      ○印


書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、借地人が地主に対して賃貸借契約の更新を請求する際の文例である。
注2 建物所有を目的とする借地契約の借主は借地借家法により保護されるため、借地上に建物を所有する借主が契約の更新を請求をした場合、貸主は遅滞なく正当事由のある異議を述べない限り、借地契約は同一条件で更新されたものとみなされる(借地借家法5条1項、6条)。
   また、借地上に建物を所有している借主が契約期間満了後も引き続き使用継続しているときに、借主が遅滞なく正当事由のある異議を述べない場合も、契約は同一条件で更新されたものとみなされる(同法5条2項、6条)。
注3 何度も用いる用語には略語を設定する。
注4 賃貸借契約の内容を記載する。記載の方法としては、本文例の他に以下のような記載が考えられる。
  例)「私は、貴殿から、平成○年○月○日、東京都○○区○○町○丁目○番地所在の土地(地番:○番○、地目:宅地、地積:○○平方メートル)(以下「本件土地」といいます。)を賃料1か月○万円、契約期間を平成○年○月○日から平成○年○月○日までの内容で賃借しております(以下「本件賃貸借契約」といいます。)。」
注5 借地借家法は建物所有を目的とする借地契約に適用されるため、借地上に建物を所有していることを明記する。
注6 ・・・・・
注7 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 


 


新着記事

2018年10月15日

請求書を送ったのに入金されない!内容証明を送る前にやるべきことは?

請求書を送ったのに入金されない時の対処策として、ネット上ではよく「内容証明の送付をする」という解説が目立ちます。 しかし、リアルなビジネスは、そこまで単純なものでは... 続きを読む
2018年10月14日

個人事業主ビギナー必見!請求書には源泉徴収額を記載すべき?なしでもOK?

個人事業主やフリーランスとしてデビューされたばかりの方が戸惑いやすい「請求額と源泉徴収」の関係について解説します。 サラリーマンと個人事業主の所得税の仕組みは、根本... 続きを読む
2018年10月10日

入金処理をカットする必殺技「相殺取引」!請求書発行時の注意点は?

ビジネスをしていると、取引しているお客様から、こちら側がモノやサービスを購入することもあります。 そんな時、「相殺取引は可能か」といった相談がくることもありますが、... 続きを読む

 

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在16,986名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

ログインフォーム

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03