敷金返還請求




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、敷金返還請求のひな形です。

書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿から、以下の条件で建物(以下「本件建物」といいます。)を賃借しておりましたが(以下「本件賃貸借契約」といいます。)、平成○年○月○日の期間満了をもって契約は終了し、同月○日に本件建物の明渡しも完了致しました。
1 契約日  平成○年○月○日
2 物件   所 在  東京都○○区○○町○丁目○番地
種 類  居宅
家屋番号 ○番
構 造  木造瓦葺平屋造
床面積  ○○平方メートル
3 賃料   1か月○万円
4 敷金   ○○万円
5 支払期日 翌月分を毎月末日限り支払う
6 契約期間 平成○年○月○日から平成○年○月○日まで
 つきましては、私が貴殿に本件賃貸借契約時に差し入れております敷金○○間念全額を、本書面到達後1週間以内に以下の振込口座にお振り込み下さいますようお願い申し上げます。
 なお、期限内に敷金が返還されない場合には、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。
(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○

東京都○○区○○町○丁目○番○号
○○○○ 殿
平成○年○月○日

書式内で注意すべきポイント

注1 本通知書は、賃貸借契約が終了したため、借主が貸主に対して交付した敷金の返還を請求する際の文例である。
注2 何度も用いる用語には略語を設定する。
注3 賃貸借契約の内容を記載する。記載の方法としては、本文例の他に以下のような記載が考えられる。
  例)「私は、貴殿から、平成○年○月○日、東京都○○区○○町○丁目○番地所在の建物(家屋番号:○番、種類:居宅、構造:木造瓦葺平屋造、床面積:○○平方メートル、敷金:○○万円)を賃料1か月○万円で賃借していましたが、平成○年○月○日の期間満了をもって契約は終了し、同日本件建物の明渡しも完了致しました。」
注4 敷金は賃貸借契約終了後、賃貸目的物を明け渡した後でないと請求できないため、賃貸借契約が終了したこと、及び建物の明渡しが完了したことを記載する。
注5 金額を特定する。
注6 支払期限は設定する。
注7 ・・・・・
注8 ・・・・・


プレミアム書式&動画解説


 



 



新着記事

2020年7月28日

譲渡所得の取得費に加算できる相続・贈与時の諸費用について

譲渡所得の取得費に該当する費用は、譲渡資産の購入金額のほか、購入時の諸経費も対象です。 たとえば購入時の手数料(仲介手数料など)や、譲渡資産を相続・贈... 続きを読む
2020年7月28日

二次相続で相続税の未成年者控除・障害者控除を適用する際の注意点

一次相続の際に、未成年者控除または障害者控除を適用した相続人も、二次相続で再び各控除を適用することは可能です。 しかし過去の相続税の申告で、限度額上限... 続きを読む
2020年7月28日

路線価は時価の8割程度。路線価を使用する税金と計算上の注意点

路線価は相続税・贈与税の計算のために使用し、時価は不動産売買の取引価格として用いられます。 同じ土地でも、路線価と時価では算出される金額は異なりますの... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在23,521名

知らないと損をする助成金活用術


b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03