滞納賃料請求




※書式・ひな形のダウンロードには
無料会員登録が必要です。

この書式は、滞納賃料請求のひな形です。


書式の一部抜粋(本文)

通 知 書
私は、貴殿に対し、以下の条件で建物を賃貸しました。
1 契約日  平成○年○月○日
2 物件   所在   東京都中央区○○町○丁目○番地
家屋番号 ○番
種類   居宅
構造   木造瓦葺平屋建
床面積  ○○平方メートル
3 賃料   1か月○万円
4 支払期日 翌月分を毎月末日限り支払う
5 契約期間 平成○年○月○日から平成○年○月○日まで
ところが、貴殿は、平成○年○月分から平成○年○月分までの賃料合計○○万円の支払いを遅滞しております。
つきましては、本書面到達後1週間以内に
、上記未払賃料24万円全額を後記振込口座に振り込む方法により支払われるよう催告します。
なお、上記期限内に上記未払賃料24万円全額をお振り込み頂けないときには、やむを得ず法的手続に移行することを念のため申し添えます。
(振込口座)
○○銀行○○支店 普通 ○○○○○○
○○○○


書式内で注意すべきポイント

注1 賃貸借契約の内容は特定して記載する。
注2 不払いの期間及び金額を記載する。契約解除を予定している場合には、解除事由の目安の1つである賃料滞納が何か月分であるかを明記する。
注3 支払期限は記載しておく。最大でも10日あれば十分である。
注4 支払いを求めるときには、借主が滞納賃料の支払期限を怠った場合に、「支払方法がわからなかった」、「貸主宅に持参したが不在だった」などという言い訳を許さないよう、支払方法を特定しておく。
注5 ・・・・・
注6 ・・・・・
プレミアム書式&動画解説



 



 



新着記事

2019年6月28日

寄託に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「寄託」とは、物の保管を依頼することです。 依頼する人を寄託者、依頼されて保管する人を受寄者といいます。 寄託者が受寄者に物の保管を依頼し... 続きを読む
2019年6月28日

請負に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「請負」とは、他人から頼まれた仕事を引き受けることで、仕事を完成させることが目的になっています。 請負契約は、当事者の一方(注文者)が相手方(請... 続きを読む
2019年6月28日

消費貸借に関する見直し【民法改正のポイント】

現行民法のルール 「消費貸借」とは、物の貸し借りのことです。 代表的なのは、お金を貸し借りする金銭消費貸借契約です。 消費貸借契約は、借主が同じ物を貸主に返... 続きを読む

 

 

ログインフォーム

お問い合わせボタン

無料会員数

無料会員 現在21,341名

知らないと損をする助成金活用術

b03

b03

プレミアム会員詳しくはこちら(管理職が知っておくべき労働法)

b03